「怪盗グルー ミニオン危機一発」 1週間でソフト販売80億円の北米記録 国内3月5日発売 | アニメ!アニメ!

「怪盗グルー ミニオン危機一発」 1週間でソフト販売80億円の北米記録 国内3月5日発売

ニュース

2013年に世界的な大ヒットになったアニメーション映画『怪盗グルー ミニオン危機一発』が、Blu-ray、DVD、デジタル配信でも大ヒットを記録している。12月10日に北米でBlu-ray、DVDが発売開始、デジタル配信もスタートした。この売上高が一週間で8000万ドルに達した。
販売ユニット数は450万を超え、一週間の売上げでは、2013年のコメディ映画部門で1位となる。さらに歴代のアニメーション作品のなかでは最高で、Blu-ray販売もアニメーション映画史上過去最高になる。
デジタル配信でもランキングで1位につけた。現在のペースで行けば史上で最も成功した映画となる可能性が強い。

『怪盗グルー ミニオン危機一発』は、ユニバーサル映画とイルミネーション・エンターテインメントが、製作する大ヒット作である。前作の『怪盗グルーの月泥棒』(2010)にヒットを受けて誕生した。
3Dの特性を活かした映像と、カワイイキャラクターで人気を呼び、これまでの世界興収は9億1800万ドルと900億円を超える。ディズニーやピクサー、ドリームワークス・アニメーションの作品がトップを占める米国のアニメーション業界を驚かせた。そうした人気が、映像ソフトやデジタル配信のヒットにもつながった。

『怪盗グルー ミニオン危機一発』の映像ソフトは日本でも発売される。2014年3月5日に本編3D版Blu-ray、2D版Blu-ray、DVDの3枚組の「ミニオン BOX 3D スーパーセット」、2D版Blu-ray、DVD、それに『怪盗グルーの月泥棒』と『怪盗グルーのミニオン危機一発』をコンボにしたBlu‐rayとDVDのシリーズパックでの5アイテムのリリースとなる。
シリーズパック以外は、特典映像やミニムービーなども盛り沢山を予定する。ここだけの楽しみになりそうだ。国内でも興収24億円、150万を超える大ヒットになっているだけに、日本でのヒットも期待出来そうだ。

『怪盗グルーのミニオン危機一発』
/http://minions.jp/

《animeanime》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集