ノンストップ、ロングラン中!「ライオンキング」東京公演15周年 12月20日で通算5195回 | アニメ!アニメ!

ノンストップ、ロングラン中!「ライオンキング」東京公演15周年 12月20日で通算5195回

連載・コラム 高浩美のアニメ×ステージ/ミュージカル談義

高浩美の
アニメ×ステージ&ミュージカル談義
[取材・構成: 高浩美]


ノンストップ、ロングラン中!
『ライオンキング』東京公演15周年、
12月20日で通算5195回! 全国で8962回!


■ 日本最大級の劇団、専用劇場の建設、無期限ロングラン実行中
『ライオンキング』観客動員数は約560万人!


2013年12月20日、『ライオンキング』は日本上演15周年をむかえた。浜松町の四季劇場[春]にて無期限ロングラン上演中。公演回数は5195回、観客動員数は約560万人、全国5都市での通算では8962回、観客動員数は約904万人(上記日付現在)、どの数字をとっても日本一である。
そもそも劇団四季は1953年に創立、最初はたった8人の劇団だった。現在は劇団員約1200人(俳優は約600人)年間約3000ステージをこなしている。レパートリーも多岐に渡り、ストレートプレイ、ミュージカルもオリジナルから『マンマ・ミーア!』や『ウィキッド』『キャッツ』等の海外ミュージカル等を上演。「日本の演劇界に革命を起こす」という気概を持ってフランス革命記念日に旗揚げしたが、その志通り、無期限ロングランや専用劇場の建設など“日本初”を次々と実行してきた。
日本を代表する最大規模の劇団となっているのは周知の通り、今年は劇団創立60周年、春には『リトルマーメイド』の開幕、と話題をさらってきたのである。

■ 作品の底力とロングランシステムにより実現した15年の“奇跡”

日本の演劇界では今までに、これほどの無期限ロングランを続ける状況はなかった。1つの劇場を数ヵ月単位で交代に使用する、という“貸館システム”では大掛かりな仕掛けの演目はコストがかかるため、採算が取れないのである。しかし、観客が本当に観たい魅力的な演目ならロングラン方式を取ればやれる限り上演することは可能なのである。それをこの『ライオンキング』は証明した、と言っても過言ではないだろう。
初演時は関東地区以外の観客が3%だったのが、近年はそれ以外の観客も増え、現在は約32.9%になった。作品そのものが認知されたのも大きな要因だが、「交通費をかけてでも観たい」「泊まりがけでも観たい」と思える吸引力が作品にあるからではないだろうか。
また、一般的にミュージカルの観客は女性が多いと言われているが、この『ライオンキング』は現在、3人に1人が男性客だそうである。さらに修学旅行のニーズも増加。『ライオンキング』は今や修学旅行の人気演目に成長している。
営業努力ももちろん見逃せないが、なにより、作品のテーマやクオリティが大きな要因ではないだろうか。それが“奇跡”の15年ロングランにつながったと言えよう。

《animeanime》
【注目の記事】[PR]

関連ニュース

特集