1位は「艦これ」、「ラブライブ!」「進撃」「Free!」などがTwitter年間ハッシュタグを席巻 | アニメ!アニメ!

1位は「艦これ」、「ラブライブ!」「進撃」「Free!」などがTwitter年間ハッシュタグを席巻

ニュース

12月12日、Twitter Japanは2013年の日本のトレンド編を発表した。なかでも注目されるのは、共通の話題をつぶやく時に使われるハッシュタグである。今回の発表されたハッシュタグ利用ランキングベスト10を、アニメ、マンガ、ゲームなどのポップカルチャー関連が席巻した。
アニメファンのTwitter好きや、アニメ視聴の際のTwitterの並行利用の多さは指摘されることが多い。今回のハッシュタグランキングは、そうした現状を垣間見せる。

ハッシュタグ利用年間1位は「#艦これ」、「艦これ」はアニメ化も発表された戦艦を美少女化したキャラクターで人気の『艦隊これくしょん』である。3位の「#lovelive」は人気アニメの『ラブライブ!』、5位の「shingeki」は2013年に大ブームを巻き起こした『進撃の巨人』の話題をつぶやく際に使われる。マンガのほか、2013年にはテレビアニメ化、実写映画化再始動と大きな話題が続いる。
7位「tv_free」は『Free!』、8位「railgun」は『とある科学の超電磁砲S』、9位「vividred」は『ビビッドレッド・オペレーション』と人気アニメと結びつく。いずれもテレビ視聴の際などに使われたとみられる。
6位「ff14」は『FINAL FANTASY XIV』とゲームから。そして10位は「c84」は『コミックマーケット84』を指し、夏の巨大イベントの情報交換に使われたようだ。

ベスト10にアニメ、マンガ、ゲーム関連以外でランキングしたのは、2位につけたNHK朝の連続テレビ小説「#あまちゃん」だけだった。
一方、ハッシュタグとは別の指標として、話題となった単語を示す“トレンド”もカテゴリー別にまとめている。こちらはテクノロジーの分野で9位に「PS4」、10位に「Wii U」とゲーム機が入っているのが目を惹く。PS4は海外で先行発売され、日本では2014年2月22日を予定している。
ゆるキャラカテゴリーでは「ふなっしー」が堂々の1位となった。「ふなっしー」は、CMやバラエティなどのテレビ出演、ご当地キャラ総選挙2013で1位となるなどで飛躍の1年となった。2位の「さのまる」はゆるキャラグランプリ2013でグランプリを受賞、2011年のグランプリ「くまモン」(3位)を上回った。
[真狩祐志]

Twitterの2013年(日本のトレンド編)
/http://blog.jp.twitter.com/2013/12/twitter2013_5319.html

ハッシュタグ
今年を代表するヒット商品が見事に上位を独占!
1. #艦これ
2. #あまちゃん
3. #lovelive
4. #wbc
5. #shingeki
6. #ff14
7. #tv_free
8. #railgun
9. #vividred
10. #c84
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集