「ゴジラ」オリジナル版が全国80館で上映決定 神保町では全28作一挙上映も | アニメ!アニメ!

「ゴジラ」オリジナル版が全国80館で上映決定 神保町では全28作一挙上映も

ニュース

2014年7月25日公開が決まった映画『GODZILLA』が注目だ。ハリウッド版としては1998年以来、シリーズとしては2004年の『ゴジラ FINAL WARS』以来となる大作が帰ってくる。
公式サイトの開設、そしてティザーポスター、特報、予告編の公開で早くも話題が沸騰している。監督はギャレス・エドワーズ、制作スタジオは『インセプション』、『ダークナイト』、『パシフィック・リム』など最新のVFXでヒット作を量産しているレジェンダリー・ピクチャーズとビジュアルに文句なしだ。

キャスティングも日本からは渡辺謙、そしてオリジナル版で主演を務めた宝田明も出演しているところにも作品のリスペクトを感じさせる。
2014年が60周年となるゴジライヤーとなることも相まって、来年は日本と世界でゴジラへの話題が一挙に広がる。

シリーズの原点である1954年のオリジナル版への注目も、来年は高まりそうだ。そこで今回1954年公開のオリジナル版『ゴジラ』の2014年のリバイバル上映が決定した。
タイトルは『ゴジラ 60周年記念デジタルリマスター版』である。60周年を記念して、初めてデジタルリマスターされたものだ。
全国約80館と、リバイバル上映としては異例の規模となる。上映は全国を2エリアに分けて、時期をずらした限定公開だ。期間は2014年6月7日から6月20日、6月21日から7月4日で、ともに2週間限定で予定する。

また東京・神保町シアターにて『ゴジラ』全28作の一挙上映「『GODZILLA』公開記念 -生誕60周年-ゴジラ映画総進撃 シリーズ全作品一挙上映」も決定している。こちらは2014年3月8日から4月11日で、5週間の期間限定興行となる。
3月5日より日本映画専門チャンネルにて30作品のデジタルリマスター版を一挙放送など、様々な取り組みが行われる。
[真狩祐志]

映画『GODZILLA』
/http://www.godzilla-movie.jp/
2014年7月25日≪字幕・吹替 2D・3D≫日本全土公開
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集