アニソン1位坂本真綾、主題歌トップ「自由への進撃」タワーレコード年間チャート | アニメ!アニメ!

アニソン1位坂本真綾、主題歌トップ「自由への進撃」タワーレコード年間チャート

ニュース

映像・音楽ソフト販売の大手タワーレコードが、12月2日に年間チャート「2013 ベストセラーズ」を発表した。2013年11月30日までを集計、全34ジャンルでランキングを出している。
このうち洋楽アルバムはOne Directionの「Take Me Home」、邦楽アルバムはマキシマム ザ ホルモン「予襲復讐」が1位に輝いた。

部門別では、「アニソン・シンガー/声優」、「アニメ主題歌」などでもベスト5が発表されている。このうち「アニソン・シンガー/声優」では、坂本真綾さんが2013年3月27日にリリースされた「シンガーソングライター」でトップに立った。坂本真綾が2年ぶりに出した8枚目のアルバムで、その人気の高さをあらためて感じさせた。
2位は2012年の本格的なアーティスト活動を開始した花澤香菜のファーストアルバム「claire」だった。アーティストとしても、ファンから高い支持を受けている。4位にはやなぎなぎ、5位にはClariSと3位のGRANRODEO以外は全て女性アーティストとなったのが特徴だ。

一方、「アニメ主題歌」の1位はLinked Horizonの「自由への進撃」であった。先日、NHK紅白歌合戦の初出場が話題になったばかり、アニメを超えて2013年を代表する曲となっている。
2位には、こちらも紅白出場アーティストふたりがデュエットしたT.M.Revolutionと水樹奈々による「Preserved Roses」である。水樹奈々はこれとは別に「Vitalization」でも5位とその人気ぶりを見せつける・
また、若い世代、アニメファンにも人気の[ボーカロイド/歌い手/ボカロP]の1位は、じんの「メカクシティレコーズ」。ボーカロイドも人気で初音ミクのオムニバス「EXIT TUNES PRESENTS Vocalosensation feat.初音ミク-Hatsune Miku」も4位と人気だった。

タワーレコードでは、年間チャートを、「2013 ベストセラーズ特設サイト」にて発表している。さらに2013年12月2日より店頭にて、詳しい内容の小冊子も配布する。
また、2013年12月2日から2014年1月13日までランクインした作品を店頭で特集展開する。さらに主要タイトルの輸入盤をスペシャル・プライスにて提供している。

「2013 ベストセラーズ特設サイト」
/http://tower.jp/bestsellers

[アニソン・シンガー/声優]
1.坂本真綾 「シンガーソングライター」
2.花澤香菜 「claire」
3.GRANRODEO 「GRANRODEO GREATEST HITS ~GIFT REGISTRY~」
4.やなぎなぎ 「エウアル」
5.ClariS 「 SECOND STORY」

[アニメ主題歌]
1.「自由への進撃」 Linked Horizon
2.「Preserved Roses」 T.M.Revolution/水樹奈々
3.「BLOODY STREAM」 Coda
4.「マジLOVE2000%」 ST☆RISH
5.「Vitalization」 水樹奈々

[ボーカロイド/歌い手/ボカロP]
1.じん  「メカクシティレコーズ」
2.ぐるたみん 「 る ~そんなふいんきで歌ってみた~」
3.「EXIT TUNES PRESENTS Vocalosensation feat.初音ミク-Hatsune Miku」
4.96猫 「アイリス」
5.Neru 「世界征服」
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集