「ゲームセンターCX THE MOVIE」公開は2014年2月  有野課長意欲満々 | アニメ!アニメ!

「ゲームセンターCX THE MOVIE」公開は2014年2月  有野課長意欲満々

ニュース

フジテレビの人気CSバラエティ番組『ゲームセンターCX』が、今年で放送10周年を迎えた。それを記念して制作された劇場版の正式タイトルと公開時期が決定した。映画『ゲームセンターCX THE MOVIE 1986 マイティボンジャック』は、2014年2月に全国ロードショーとなる。
タイトルの「マイティボンジャック」は、番組パーソナリティの有野晋哉さんが公開生挑戦で実際にプレイしたゲーム作品である。映画のストーリーも明らかになり、公開に向けて盛り上がりを見せている。

この情報は、11月5日開催のイベント「ゲームセンターCX 有野の挑戦 in 武道館」上で発表された。主題歌には人気バンド・怒髪天による書下ろし新曲「プレイヤーI」が起用されることも明らかになっている。
怒髪天のヴォーカル増子直純さんは「"テレビゲーム世代"ど真ん中の青春時代を過ごし、未だにゲーム三昧なオトナになった俺達が贈る、ノスタルジック80's感満載かつ、グッとくる日本語ロック! 何度でもコンティニューだ!」と熱いコメントを寄せている。

有野さんはイベント終了後に記者会見を行った。まず映画の見どころについて「1980年代に学生だった40代前後の方が観たら"あった、あった"という感じになる作品。子供を連れて行って"これはない、あれはある"というような話をしてほしいですね。お父さんの時代はこんな格好の人が不良だったんだよ、とかね」とアピールした。
有野さん自身も有野課長役で出演しており「なかなか見つけられないと思うけれど、僕が演技しているところがどこかにも注目して、探してほしい」とファンの期待を煽った。そして「映画公開後に、俳優として映画の仕事が来たらいい」と役者としての仕事にも興味津々の様子だった。

また番組初となる武道館イベントについては「10人入れるかどうかという狭い挑戦部屋で始まった番組だけれど、徐々に大きくなった。会場が広くなっても観客と有野課長の距離は変わらないし、"キャー"とならないところが、いいお客さんに恵まれたなと思いましたね」としみじみと語った。
イベントの模様は2014年1月1日0時5分からフジテレビONEにて放送される予定だ。
[高橋克則]

『ゲームセンターCX THE MOVIE 1986マイティボンジャック』
2014年2月 新宿バルト9、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国ロードショー
/http://www.gccx-movie.jp/

[ストーリー]
1986年、ゲームを愛する一人の少年がいた。彼の名はダイスケ(吉井一肇)。クラスメイトのクミコ(平祐奈)に恋心を抱いているがなかなか前に踏み出せない。クミコに近づくきっかけ作りの為、不良たちに借りパクされたゲームを取り戻すべくダイスケは不良たちに立ち向かう。時空を超えた有野課長の挑戦はいかに、そしてダイスケの恋の行方は――。

[キャスト]
有野晋哉(よゐこ)/吉井一肇 平祐奈/阿部考将 松島海斗 吉田 翔

[スタッフ]
監督: 蔵方政俊
企画・製作: 菅 剛史
製作: 藤岡 修
プロデューサー: 高口聖世巨 東島真一郎 橋口愛
脚本: 酒井健作 市川豊
脚本協力: 岐部昌幸
ディレクター: 藤本達也
撮影: 阿部浩一
照明: 吉澤一生
録音: 西岡正己
美術: 飯森則裕
衣装: 岡田敦之
へアメイク: 宮崎智子
VFXスーパーバイザー: 吉野広教
音響効果・音楽: 斎藤信之
助監督: 斉藤博士
制作担当: 濱崎林太郎
企画・製作プロダクション: ガスコイン・カンパニー
配給: シンカ、ハピネット
2013年/日本映画/DCP5.1CHサラウンド/アメリカンヴィスタ/109分
《高橋克則》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集