「弱虫ペダル」先行上映にキャスト6名 総北高自転車競技部ユニフォームで登場  | アニメ!アニメ!

「弱虫ペダル」先行上映にキャスト6名 総北高自転車競技部ユニフォームで登場 

ニュース

『弱虫ペダル』先行プレミア上映会
  • 『弱虫ペダル』先行プレミア上映会
  • 『弱虫ペダル』先行プレミア上映会
  • 『弱虫ペダル』先行プレミア上映会
  • (c)渡辺航(週刊少年チャンピオン)/弱虫ペダル製作委員会
渡辺航さんが「週刊少年チャンピオン」(秋田書店)に連載中のマンガ『弱虫ペダル』が、テレビアニメ化され10月よりテレビ東京などにて放送中だ。ちょっとオタクな高校生・小野田坂道が、ひょんなことから自転車競技部に入部、仲間と共に全国を目指す。
アニメ制作はマッドハウスとプロダクションI.Gで、原作を活かしたアニメ版もすでにファンから大好評である。秋シーズンからの注目の一作になっている。

この番組放送開始に先立って、9月29日には東京・お台場のシネマメディアージュにて、先行プレミア上映会が開催された。早くも多数のファンが集まり、アニメのスタートを祝った。
アニメのスタートということもあり、当日は本作の主要キャラクター総北高校自転車競技部の6人のメンバーを演じるキャスト陣も登壇した。小野田坂道役の山下大輝さん、今泉俊輔役の鳥海浩輔さん、鳴子章吉役の福島潤さん、金城真護役の安元洋貴さん、巻島裕介役の森久保祥太郎さん、田所迅役の伊藤健太郎さんらが、本作についての軽快なトークを繰り広げた。

そして、何よりも会場を沸かせたのは、6人が総北高校自転車競技部のユニフォーム姿で登場したことだ黄色と白、赤をベースにしたユニフォームは、いずれもぴったりで、ファンから大きな声援が飛んだ。
トークは、まずそれぞれが自身の演じるキャラクターや作品の見どころについて紹介した。山下さんが 「ドキドキでしたが1話2話と全力で演じられました。」と語るなど、全力投球のアフレコの様子も窺えた。

さらに後半は、クイズなどで盛り上がった。「チーム対抗クイズ全力坂道」と題した対決コーナーでは、キャスト陣が発電機に繋がれた自転車を漕ぎ200Wに達したら回答権を得られるというハードな企画だ。
出演陣は、練習問題から回答でボケるなど会場を盛り上げる。しかし、ボケればボケるほど自転車をこぐ回数が増えるという過酷なゲームとなった。結果は、3対0で1年生チームが勝利を収めた。
ところがそこで、原作者の渡辺航さんが会場に来場していることが、出演者にサプライズで知らされた。それを聞いたキャスト陣は、「知ってたらここまでボケなかった!」と、また会場を笑わせた。最後にキャストからファンにメッセーシが送られて、この日のイベントは大盛況のなか終了した。

『弱虫ペダル』
/http://yowapeda.com/
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集