初開催アニ玉祭、「あの花。」「ファンタジスタドール」「らき☆すた」など人気アニメも紹介 | アニメ!アニメ!

初開催アニ玉祭、「あの花。」「ファンタジスタドール」「らき☆すた」など人気アニメも紹介

10月19日、20日の2日間、大宮ソニックシティにおいて「アニ玉祭」が開催される。会場では『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』、『神様はじめました』 、『ファンタジスタドール』、『ヤマノススメ』、『らき☆すた』の作品紹介も行われる。

ニュース
アニ玉祭
  • アニ玉祭
  • アニ玉祭
10月19日、20日の2日間、大宮ソニックシティにて「アニ玉祭」が開催される。大宮ソニックシティの25周年を記念して初開催されることになったイベントだ。アニ玉祭は、埼玉県が日本最高峰のアニメ・マンガの聖地となり、世界からも注目されるきっかけを作ることを目指すという。
期間中は、アニメやマンガをテーマにした様々な企画を用意する。また、地元関連の作品として、会場で『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』、『神様はじめました』 、『ファンタジスタドール』、『ヤマノススメ』、『らき☆すた』などを紹介する。

埼玉県には、アニメゆかりの地域が多い。現在は、秩父市や川越市、久喜市などがアニメの「聖地」としてファンに親しまれている。そこで各自治体も含めた、アニメとの共同プロモーションが行われるなど、地域振興におけるアニメの活用が進んでいる。
作品紹介は、イベント企画のひとつ「埼玉ゆかりのアニメ・マンガ作品展」である。ここでは、複製原画や場面写真などが展示される。10月19日には、小ホールでの無料上映会も実施される。『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』、『神様はじめました』)、『ヤマノススメ』から人気エピソードをセレクトする。

すーぱーそに子の草加せんべい販売も決定した。すーぱーそに子の草加せんべい販売は、「直径28cmの大きな草加せんべいに愛らしいそに子がプリントされている。
すーぱーそに子がアニ玉祭のイメージガールになったことを記念してコラボレーションしたものだ。250枚限定で、価格は1000円(税込)である。
[真狩祐志]

アニ玉祭
/http://anitamasai.jp/
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集