「キックハート」などクラウドファンディングを語る お台場でクリエイティブイベント | アニメ!アニメ!

「キックハート」などクラウドファンディングを語る お台場でクリエイティブイベント

ニュース

ユニジャパンが運営するクリエイティブ関連企業のネットワークCMTは、10月24日14時30分からホテルグランパシフィックLE DAIBAにてTOKYO OPEN CREATIVE CONFERENCEを開催する。TOKYO OPEN CREATIVE CONFERENCEは、TIFFCOM、東京国際ミュージックマーケット(TIMM)、東京国際アニメ祭(TIAF)の合同マーケットであるJapan Content Showcase 2013内のセミナー会場で実施するものだ。
コンテンツ関係のビジネスパーソンが集まる機会を活かし、ビジネス企画のマッチングや新たな展開をサポートする。当日は、企画の実現に必要となる「資金調達」、「人材発掘」、「パートナー獲得」に焦点をあて、セミナーやピッチセッション、ビジネスマッチングを行う。ビジネスマッチングでは、登壇者と参加者による新たな機会創出を目指す。

第1部となるセミナーは、「コンテンツ×クラウドファンディングの最前線」である。複数のクラウドファンディング事業者や弁護士、公認会計士が参加、様々な角度からクラウドファンディングを考える。
個人から中小規模事業者、大企業まで、昨今クラウドファンディングによる資金調達が大きな注目を集めている。このなかでの必要な取り組みを中心に未来を予測する。
また、アニメスタジオのプロダクションI.Gから、プロデューサーの鈴木哲史さんが登壇する。プロダクションI.Gは、米国のクラウドファンディングサイト・Kickstarterで約2000万円の調達に成功し、湯浅政明監督の短編アニメ『キックハート』の製作に活用した。『キックハート』の話題を中心に語る予定だ。

第2部は、Wiredが主催する「Creative Hack Award 2013ピッチセッション」となる。未来のトレンド発信を掲げる「Wired」が主催するユニークなクリエイティブアワードとなる。審査を勝ち抜いた次世代クリエイターがピッチをする。今後のクリエイティブを占ううえでも興味深いものとなる。
第3部では公募から選ばれた会員が企画をプレゼンテーションする「CMTプロジェクトピッチセッション」などがある。イベントの定員は150名、締め切りは10月18日までとなっている。
Japan Content Showcase 2013に入場するには20000円の入場料がかかる。ただし、CMT会員に登録したうえでTOKYO OPEN CREATIVE CONFERENCEに申し込むと無料となる。。
[真狩祐志]

CMT
/http://cmtokyo.jp/  

TOKYO OPEN CREATIVE CONFERENCE
ビジネスプロジェクト推進のためのCMTフォーラム

第1部「コンテンツ×クラウドファンディングの最前線」
第2部「Creative Hack Award 2013ピッチセション」
第3部「CMTプロジェクトピッチセッション」
「ビジネスマッチングセッション」

日時: 2013年10月24日 (木) 14:30‐17:30 (開場14:15)
会場: ホテルグランパシフィックLE DAIBA B1F
参加費: MT会員:無料 一般:Japan Content Showcase 入場料 (20,000円)
定員: 150人
主催: 公益財団法人ユニジャパン
※10月18日 (金) 17:00に申込受付を締め切り。
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集