国内クラウドファンディング事業者が一堂に 国内最大規模のトーク&プレゼンテーション | アニメ!アニメ!

国内クラウドファンディング事業者が一堂に 国内最大規模のトーク&プレゼンテーション

ニュース

10月8日、東京・ベルサール八重洲にて、TOKYO CROWD FUNDING FORUM 2013が開催される。このフォーラムは、クリエイティブの幅広いネットワーク化とサポートを目指すCMTが行うものだ。公益財団法人ユニジャパンと、トーマツベンチャーサポートが主催する。
フォーラムでは、現在、クリエイターやコンテンツ関係者にも注目されているクラウドファンディングにフォーカスする。最新のクラウドファンディング事情を紹介する講演のほか、日本国内でクラウドファンディングを提供している事業者が一堂に集まるのが目玉だ。

現在、映画、ゲーム、アニメーション、さらにマンガやライブイベントまで、新たなプロジェクトが生まれる際に、クラウドファンディングを活用するケースが増えている。クラウドファンディングは、少額の資金を不特定多数から資金を集めることで、プロジェクトを実現させるものだ。
とりわけクラウドファンディングが盛んな米国ではKickstarterなどがよく知られており、映画やゲーム、アニメーションでも億単位の資金調達を実現する例も現れている。いまや、新たな資金調達の方法と定着した感がある。

一方、日本では、新たに関連事業者が複数現れる一方で、その仕組みがよく知られておらず、利用の敷居が高くなっている。フォーラムでは、「基調講演 国内外におけるクラウドファンディングの最新動向」、「講演 コンテンツとクラウドファンディングの可能性」などで、クラウドファンディングを解説する。
さらに各事業者が自社サービスをプレゼンテーションする。当日は、株式会社JMC、日本クラウド証券、クラウドクレジット株式会社(Crowdcredit)、株式会社ワンモア(GREEN FUNDING)、グーパ株式会社(Anipipo)、株式会社サーチフィールド(FAAVO)、株式会社サイバーエージェント・クラウドファンディング(Makuake)、株式会社MotionGallery(MotionGallery)などが登壇する。これまで行われたクラウドファンディングイベントでは最大規模となる。

フォーラムが終了した後には、登壇者および来場者による情報交換やネットワーキングを目的とした交流会も実施される。フォーラムの参加費は3000円(CMT会員は無料)、定員は200人である。
[真狩祐志]

CMT
/http://cmtokyo.jp/

クラウドファンディングが切り拓くクリエイティブビジネスの新たな資金調達手法とコミュニケーション戦略
TOKYO CROWD FUNDING FORUM 2013
/http://cmtokyo.jp/tcffc20131008/

開催日時: 2013年10月8日 (火) 14:00-20:30 (開場13:30)
フォーラム:14:00-18:30/交流会:19:00-20:30 (希望者のみ)
会場: ベルサール八重洲Room1+2+3
参加費:
フォーラム参加費  CMT会員:無料 一般:3,000円 (当日現金)
交流会費 (参加希望者のみ) 全員共通:2,000円 (当日現金)
定員: 200人
主催: 公益財団法人ユニジャパン、トーマツベンチャーサポート
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集