「劇場版 あの花」興収9億円、観客動員数67万人突破 10億円の大台も視野 | アニメ!アニメ!

「劇場版 あの花」興収9億円、観客動員数67万人突破 10億円の大台も視野

8月31日に全国公開した『劇場版 あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』が怒濤の勢いを見せている。公開37日目となる10月6日には興収9億円を突破した。

ニュース
(c)ANOHANA PROJECT
  • (c)ANOHANA PROJECT
  • (c)ANOHANA PROJECT
  • (c)ANOHANA PROJECT
8月31日に全国公開した『劇場版 あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』が怒涛の勢いを見せている。公開37日目となる10月6日に、興収9億円を突破した。観客動員数も67万人に達した。
映画興行の大ヒットの目安とされる10億円の大台も迫っている。近年、深夜アニメ発のヒット映画が注目されているが、本作はそのなかでも特筆すべき作品のひとつになりそうだ。
その好調を受けて、追加上映も決定している。初週64館のスタートから、現在まで98の劇場で拡大公開されている。こちらも作品の高い人気を反映する。

大ヒットとなった本作に、ファンには嬉しいがニュースが舞い込んできた。10月13日に秩父市吉田の椋神社で行われる例大祭「龍勢祭」に、めんま役の茅野愛衣とぽっぽ役の近藤孝行さんの参加する。
映画では主人公たちがめんまの願いを叶えるため、龍勢と呼ばれる花火を打ち上げる印象的なシーンが存在する。当日は実際に龍勢を1本奉納し、キャストの二人がファンの前で挨拶と打ち上げの口上を述べる予定だ。劇中の再現となる催しは多くのファンで賑わいを見せるだろう。

新たな劇場特典の内容も明らかになった。拡大公開を受けて、「泣いてもいいんだよボックスティッシュ アンコール」を観客にプレゼントすることが決定した。
このアイテムは公開初日から配布され、瞬く間に終了した特典を数量限定で復刻したものだ。
そのほかに「超平和バスターズ色紙風ポートレート」も配布する。週替わり特典であるポートレイトの最終バージョンには、長井龍雪監督、脚本の岡田麿里さん、キャラクターデザインの田中将賀さんのメッセージが寄せられている。
どちらの特典も10月12日の時点で上映中、もしくは10月19日に上映開始する劇場にて配布される。各劇場ともなくなり次第終了となる。
[高橋克則]

『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』
/http://www.anohana.jp/


龍勢祭
日時: 10月13日(日) 口上: 12:45頃~
場所: 秩父市下吉田 椋神社
口上者名: 茅野芽衣、近藤考行
内容: 龍勢打ち上げ前の挨拶と口上
《高橋克則》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集