「進撃の巨人」「サイコパス」キャラクターデザインの浅野恭司 原画展を古河で開催 | アニメ!アニメ!

「進撃の巨人」「サイコパス」キャラクターデザインの浅野恭司 原画展を古河で開催

ニュース

浅野恭司さんは、『進撃の巨人』や『ハル』など話題作を手掛けるWIT STUDIOを代表するアニメーターだ。現在大ヒット中の『進撃の巨人』や、第2期、劇場映画化も決まった『PSYCHO-PASS サイコパス』のキャラクターデザイン、さらに『劇場版 戦国BASARA -The Last Party-』や『君に届け』の作画監督などで活躍する。
その浅野恭司さんの絵の世界を紹介する展覧会が、10月2日から6日まで、茨城県古河市の古河街角美術館にて開催される。“浅野恭司原画展~「進撃の巨人」「PSYCHO-PASS サイコパス」「水曜どうでしょう DVD OP映像」~”だ。

原画展では、WIT STUDIO初のテレビアニメ『進撃の巨人』や『PSYCHO-PASS サイコパス』、さらに北海道テレビ放送(HTB)などで放映されるバラエティ深夜番組「水曜どうでしょう」のDVD OP映像を中心に複製原画を紹介する。
原画はアニメ制作する際に、アニメーターがキャラクターの動きや絵を決め、描く作業だ。アニメの絵の魅力が詰まっている。これを150点以上展示する予定でかなり見応えのあるものになりそうだ。

浅野恭司さんは、古河生まれで地元出身だ。2011年には古河市文化協会の古河公方氏姫をモチーフとしたマスコットキャラクター作品が古河市民文化祭のイメージキャラクターとしても使用されている。
人気作品が登場する原画展は、こうしたつながりから実現したようだ。
会期は5日間と限られているが、ファンにとっては貴重企画になるに違いない。

原画展は入場無料となる。また、先着で浅野恭司さんが描き下ろしたイラストをつかったしおり2種のプレゼントが行われる。イラストのデザインは『進撃の巨人』のエレン、そして『PSYCHO-PASS サイコパス』の狡噛のセットで、こちらも豪華だ。
プレゼントは数量限定のため無くなり次第、配布終了となる。こちらが欲しい場合は、早めの来場が確実だろう。

浅野恭司原画展
~「進撃の巨人」「PSYCHO-PASS サイコパス」「水曜どうでしょう DVD OP映像」~
会期: 2013年10月2日(水)~10月6日(日)
時間: 9:00~17:00(入場は閉館の30分前まで、最終日は16:00まで)
場所: 古河街角美術館(公式サイト:/http://www.city.koga.ibaraki.jp/machikado/)
入場料: 無料
主催: 古河市文化協会
後援: 古河市・古河市観光協会
企画協力: WIT STUDIO・(株)雪華
展示物: 複製原画150点以上

古河市文化協会 /http://kogabunka.com/
古河市観光協会 /http://www.kogakanko.jp/
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集