高知と鳥取 ふたつのまんが王国が秋葉原でイベント開催 | アニメ!アニメ!

高知と鳥取 ふたつのまんが王国が秋葉原でイベント開催

ニュース

高知県と鳥取県はどちらも「まんが王国」を名乗り、県の知名度向上や観光客誘致に積極的に取り組んでいる。ライバルともいえるふたつの県だが、なんと2013年3月には秋葉原でまんが王国友好通商条約を締結し、自治体同士の横の連携をより一層強化することにした。
そうした連携は、2013年秋以降も続くようだ。10月14日に、ベルサール秋葉原にて高知x鳥取 まんが王国会議 in AKIBAが開催される。両県が協力して地域の魅力を訴える。
イベントでは両県知事が登壇しトークを繰り広げる。さらにそれぞれの県出身の人気声優や、地元で活躍するご当地アイドル、ご当地ゆるキャラなど多彩なゲストが姿を見せる。

まんが王国友好通商条約のイベントの際には、高知県出身の島本須美さんと鳥取県出身の下田麻美さんが、県に関する観光スポットや名物などについて語った。さらに、友好通商条約締結の立会人として『あしたのジョー』のちばてつやさんが出演した。高知県出身のやなせたかしさんと鳥取県出身の水木しげるさんのビデオメッセージも流されるなど、豪華な内容で大盛況となった。
高知x鳥取 まんが王国会議 in AKIBAの出演者はまだ明らかにされていないが、今回もゆかりのゲストがイベントを盛り上げてくれるだろう。その続報に注目したい。

高知県は1992年からは全国高等学校漫画選手権大会(通称・まんが甲子園)と題し、全国の高校生が競い合うコンクールを開催している。今後も「まんが王国・土佐」のブランドを確立するとともに、コンテンツ産業の振興に一体的に取り組んで、経済の活性化と雇用の創出につなげていくことを目指している。
一方の鳥取県も、2012年の第13回国際マンガサミット鳥取大会の開催を契機として、まんが王国を建国し、様々なイベントを展開中だ。『Free!』や『琴浦さん』など人気アニメ作品のモデルにもなった地域での聖地化の取り組み、ガイナックスとの連携イベント「米子映画事変」など、官民一体の地域活性化イベントを行っている。
[高橋克則]

「高知x鳥取 まんが王国会議 in AKIBA」
/http://www.manga-kochi-tottori.net/

日時: 2013年10月14日(月・祝) 11:00~17:00(予定)
場所: 東京都秋葉原ベルサール秋葉原
主催: 高知県、鳥取県
後援: 千代田区
協力: NPO法人秋葉原観光推進協会

[知事コメント]
高知県 尾崎正直知事
「「まんが王国・土佐」は頼もしい友好国と"まんが連合"となって、夢を追います。
『アンパンマン』をはじめ、『深夜食堂』『ニセコイ』など、多くの作品を生み続けるまんが文化とともに、豊かな自然や食など、多彩な高知の魅力を全世界に発信!
今夏、41度を記録した高知家の熱き「お・も・て・な・し」をご堪能ください!」

鳥取県 平井伸治知事
「ついに"進撃"がはじまります。"巨人"に挑む鳥取県!
まんが王国のタッグを組み、全国そして世界に向けて反攻開始!?
水木しげるロードやコナンの里が賑わい、さらには『孤独のグルメ』、『琴浦さん』及び『Free!』のモデルとなった聖地「まんが王国とっとり」の"進撃の国づくり"をご覧ください」
《高橋克則》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集