日本のアニメーションの世界発信を本気で考える 渋谷でトークイベント | アニメ!アニメ!

日本のアニメーションの世界発信を本気で考える 渋谷でトークイベント

ニュース

9月28日15時より、渋谷CUE702にて「本気で世界を攻める!ガチトーク」の第2回が開催される。アニメーションを通じた世界展開について本気で話し合うが、イベントのテーマだ。
7月27日に開催した第1回では、アニメーション作家の青木純さんを交えた「ASIA-EU CARTOON CONNECTION 2013」の報告などが行われた。

第2回では、一般財団法人デジタルコンテンツ協会(DCAJ)国際部長の浪越徳子氏が「DCAJから見た、日本コンテンツの強さと弱さ、そして将来性」と題して、海外での日本のコンテンツの最新事情を紹介する。さらに新企画をプレゼンするガチピッチのコーナーも設ける。
ガチピッチではロボット所属のアニメーション作家・坂井治さんが温めている企画を披露する。坂井さんはNHKの「みんなのうた」でアニメーションを担当するなどで活躍する。短編の最新作「デジタル」はアヌシー国際アニメーションフェスティバルで上映されている。

イベントを企画したのは、アミューズソフト企画部プロデューサーの青木基晃氏である。そのきっかけは、今年3月に韓国で開催された「ASIA-EU CARTOON CONNECTION 2013」であった。
そこで青木さんはアグレッシブな韓国のプロデューサー陣に衝撃を受けたという。韓国の官・民一体で様々な国と共同製作や国外販売を積極的に行っている姿勢に学び、仲間内だけでなく、異分野、異職種、異職務の人と話し合う場、様々な問題をあぶりだしながらクリエイターやプロデューサーとが情報を交流する場を作ろうと思い立った。
実行メンバーは、トリウッドでカナダ・アニメーション・フェスティバルを実施するなどの伊藤裕美さん(オフィスH)、東京国際アニメフェアのクリエイターズワールドを初回から担当していた雲井真理子さんらである。

「本気で世界を攻める!ガチトーク」の参加費は1000円となっている。参加希望はメールで受けつけている。件名に「本気で世界をせめる! ガチトーク vol.2」、本文に名前、電話番号、職業を明記する。
[真狩祐志]

本気で世界をせめる! ガチトーク
/http://www.facebook.com/gachitalk
参加申込先
hito@officeh.net

 

《animeanime》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集