第26回東京国際映画祭 10月17日から25日まで六本木ヒルズを中心に開催 | アニメ!アニメ!

第26回東京国際映画祭 10月17日から25日まで六本木ヒルズを中心に開催

ニュース

10月17日から25日までの9日間、第26回東京国際映画祭が六本木ヒルズを中心に開催される。世界中から様々なジャンルの映画が東京に集結する。
東京国際映画祭は、近年ではJAPAN国際コンテンツフェスティバル(コ・フェスタ)を飾るビッグイベントとしても位置づけられている。2013年も華やかなゲストや最新の映画で盛りあがる。

今年のオープニング上映作品は『キャプテン・フィリップス』 、クロージング上映作品は 『清須会議』である。『キャプテン・フィリップス』 は『ボーン』シリーズで知られるポール・グリーングラスさんが監督、トム・ハンクスさんが主演を務めている。
一方の『清須会議』は三谷幸喜監督の最新作で、役所広司さん、大泉洋さん、小日向文世さん、佐藤浩市さんなどが出演している。またフェスティバル・ミューズは女優の栗山千明さんが務める。

そして各上映部門は、コンペティション、アジアの未来、特別招待作品、日本映画スプラッシュ、ワールド・フォーカスに分かれている。コンペティションでは応募作品から厳選されたノミネート15作品が上映される。この15作品から最高賞の「東京サクラグランプリ」が授与されるとあって毎回関心を集めている。

アジアの未来は今回新規に設けられた。長編作品2本目までのアジア新鋭監督の作品を上映し、最優秀作品賞として「アジアの未来」賞が贈られる。
特別招待作品は日本公開前の最新作がプレミア上映される。日本の作品では長澤まさみさんと岡田将生さんの主演による『潔く柔く きよくやわく』のエントリーが明らかにされている。エンタテインメント性の高い話題作が揃うだけに今後の上映作品発表も待たれる。

そして日本映画スプラッシュとワールド・フォーカスはリニューアルされた部門になる。日本映画スプラッシュは「日本映画・ある視点」の刷新で、海外進出を狙う日本インディペンデント映画を紹介する。アニメーション映画も複数上映されるという。アニメーションファンは、こちらも気になるところだ。
ワールド・フォーカスは映画祭での受賞作や話題作のショーケースとして機能する。日本未公開の作品が紹介されることで貴重となっているが、アジアの有力作品も加わってパワーアップする。
[真狩祐志]

第26回東京国際映画祭
2013年10月17日(木)~10月25日(金)
/http://tiff.yahoo.co.jp/2013/
《真狩祐志》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集