「モンスターズ・ユニバーシティ」興収70億円で2013年トップ 最終100億円突破視野 | アニメ!アニメ!

「モンスターズ・ユニバーシティ」興収70億円で2013年トップ 最終100億円突破視野

ニュース

子どもから大人まで幅広い世代から愛されているアニメーションが、ディズニー/ピクサーの作品だ。『ファインデインング・ニモ』から「トイ・ストーリー」シリーズ、「カーズ」シリーズまで、大ヒット作も数多い。
7月6日に全国公開となった『モンスターズ・ユニバーシティ』が、新たにこれに加わる。2002年に公開され、大ヒット作となった『モンスターズ・インク』のの続編が、再び大きな記録を築いた。

ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパンは、8月16日に『モンスターズ・ユニバーシティ』の興行収入が70億円を超えたことを明らかにした。公開から39日目にあたる8月13日までに累積興収は70億2180万円、観客動員数は550万9000人となっている。この数字は2013年に公開された作品では、トップとなっている。
また、最終興収が95億円となった前作『モンスター・インク』よりも1日早い。観客動員が伸びるお盆も控えており、ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパンは最終興行が100億円を超えるのは確実としている。最終110億円の『ファインデインング・ニモ』、108億円の『トイ・ストーリー3』に並ぶメガヒットが期待出来る。

映画のヒットは、やはり幅広い世代からの支持によるものだ。夏休みシーズンの現在は、ファミリーを中心とした数多くの観客が劇場に訪れている。
自分の夢を少し違った形で自分なりに夢をかなえていく姿は、親世代にも感動を呼び、“子供の連れ添いで観に行ったはずが、親が感動して帰ってくる”という。公開から6週間目に入るが、満席の回も多く見受けられるとのことだ。

本編が描くのは、『モンスターズ・インク』で活躍したマイクとサリーの学生時代だ。最恐コンビは学生時代どのようにして出会い、そしてなぜモンスター界ナンバー1の怖がらせ屋としてタッグを組むことになったのかが明かされる。ディズニー/ピクサーならではのファンタジー・アドベンチャーの勢いは、まだしばらく続きそうだ。

『モンスターズ・ユニバーシティ』
/MONSTERS-U.jp
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集