「リトルウィッチアカデミア2(仮題)」制作にGO! 世界各国から約8千人、6000万円  | アニメ!アニメ!

「リトルウィッチアカデミア2(仮題)」制作にGO! 世界各国から約8千人、6000万円 

ニュース

新鋭のアニメスタジオとして注目されているトリガーが、ワールドワイドにファンを巻き込んだプロジェツクトで大きな一歩を踏み出した。国境を超えたおよそ8000人のファンから、新作アニメ『リトルウィッチアカデミア2(仮題)』製作のための資金を募るのに成功、およそ62万5千ドル(約6000万円)を集めた。
トリガーはこの資金をもとに、2014年に約40分の短編アニメを製作する。ファンの支援によるアニメ作品が誕生する。

このプロジェクトは、文化庁の若手アニメーター育成プロジェクトで初めて姿をみせた短編アニメ『リトルウィッチアカデミア』に発端がある。支援プロジェクトではおよそ25分の作品1本を制作したが、その評判が高かった。
そこでこの続編の制作資金を、近年注目されるクラウドファンドで集めることに挑戦した。クラウドファンデイングは、インターネットのサイトに登録されたプロジェクトに個人が資金を申し出るもので、完成前のプロジェクトにお金を出す代わりにPLEDGEと呼ばれる見返りを提供する。

トリガーは、米国のクラウドファンディングサービスの大手Kickstarterを通じて、『リトルウィッチアカデミア2(仮題)』制作への協力を募った。当初の計画は、約20分の続編に目標資金額15万ドルだった。
ところが7月9日のスタートからわずか6時間で目標金額を突破、その後、アニメの長さを40分、調達目標も引き上げた。この結果、1ヶ月間の募集期間で約62万5千ドル(6000万円)、7938人もの協力を得ることに成功した。ほとんど無名の短編アニメの続編のために、8000人もの支援が集まるのは驚異的だ。

しかし、トリガーは、プロジェクトに先立って、『リトルウィッチアカデミア』全編25分を無料でネット配信していた。これが海外から多く視聴されポジティブな反応を得ていた。
さらにプロジェクトスタートに合せて、米国最大の日本アニメイベント アニメエキスポに参加、そこでトークやファンイベントを実施している。地道なプロモーションとファン交流の力も大きかったに違いない。
昨今、国内のアニメ関係者でも、クラウドファンデイングへの関心が高まっている。しかし、通常の映画に比べても予算が大きなアニメ制作費をどの程度集めることが可能かは未知数だ。トリガーと『リトルウィッチアカデミア2(仮題)』の挑戦は、そうしたなかでひとつの示唆を与える。

一方、『リトルウィッチアカデミア』でも、動きがある。本作がBlu-rayとしてこの8月に発売される。本編26分に、映像ドキュメンタリー「その時 魔法は生まれる」(66分)、オリジナルサウンドトラックCDに、112ページムック本を同梱し6000円 (税込)で販売する。
日本語のほか、英語、スペイン語、中国語、ドイツ語、フランス語、イタリア語の6ヵ国語の字幕がついている。米国では同時発売が決まっており、ここでも海外ファン重視を目指している。
BDは、現在グッドスマイルオンラインショップにて予約受付中、8月10日から12日まで開催されるコミックマーケット84のBB SHOP(西館4階 企業ブース ブースNo.622)では先行発売も行っている。

トリガー代表取締役社長 大塚雅彦
「予想を遥かに上回るご支援を頂き、本当に驚きました。感激しました。
と同時に大きなプレッシャーも感じています。この新しい試みの本当の意味での成否はこれから我々が作る作品にかかっているからです。ファンの皆さんから渡されたバトンをしっかり受け止めて、今度は我々が全力で走ります!」

『リトルウィッチアカデミア』
/http://www.st-trigger.co.jp/works/lwa/
監督 :吉成曜
中堅原画: 芳垣祐介 堀 剛史 米山 舞
新人原画: 金子雄人 坂本 勝 三宮昌太 田頭悠郎 半田修平

『リトルウィッチアカデミア』ブルーレイ
価格: 6000円 (税込)
発売予定: 2013年8月
仕様: Blu-ray Disc (16:9/COLOR)・本編:26分・音声:5.1ch・2chステレオ・複製不可・リージョンフリー
字幕: 日本語、英語、スペイン語、中国語、ドイツ語、フランス語、イタリア語
[特典]
映像特典・ドキュメンタリー『その時 魔法は生まれる』(66分)/オリジナルサウンドトラックCD/112ページムック本
発売元: トリガー  販売元: グッドスマイルカンパニー
/http://goodsmile.ecq.sc/
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集