東映アニメ・清水慎治氏、KADOKAWA・井上伸一郎氏 京まふビジネスセミナーで最新事情を講演  | アニメ!アニメ!

東映アニメ・清水慎治氏、KADOKAWA・井上伸一郎氏 京まふビジネスセミナーで最新事情を講演 

京都国際マンガ・アニメフェアは今年2年目、マンガとアニメに特化したビジネス向けとコンシュマー向けのイベントだ。ビジネスデーとなるのは9月6日、プレオープンとして事業者向けビジネスセミナーが実施される

ニュース
左)清水慎治氏、右)井上伸一郎氏
  • 左)清水慎治氏、右)井上伸一郎氏
9月7日と8日、京都国際マンガ・アニメフェア(京まふ)2013が開催される。開催は今年2年目、マンガとアニメに特化したビジネス向けとコンシュマー向けのイベントだ。
ビジネスデーとなるのは9月6日、プレオープンとして事業者向けビジネスセミナーが実施される。このほどこのセミナーのふたつの講演の内容と登壇者が決定した。
まず東映アニメーションの取締役兼テレビ企画部長の清水慎治氏が「「ONE PIECE」の海外ビジネスモデル」、そしてKADOKAWA代表取締役専務・代表取締役社長の井上伸一郎氏の「京都から世界へ! マンガ・アニメがもたらす地域活性化」である。アニメと出版の双方の注目の会社からキーパーソンが最新の状況を語る。

東映アニメーションの清水慎治氏は、『Dr.スランプ・アラレちゃん』、『キン肉マン』などの製作、『ゲゲゲの鬼太郎』、『ワンピース』など企画プロデューサーとしてヒット作を生み出してきた。
今回は、マンガ、アニメ、映画、ゲームといったメディアミックスも行い大ヒット作として知られるは『ONE PIECE』のビジネスモデルを取りあげる。とりわけ昨今注目される海外ビジネス展開を紹介する。

井上伸一郎氏は、KADOKAWA代表取締役専務、そして角川書店代表取締役社長というふたつの立場からエンタテイメント、出版事業に関わる。アニメ雑誌「月刊二ュータイプ」の創刊に参加するなど、アニメに関してはとりわけ詳しい。
京まふでは、「聖地巡礼」現象を中心に、マンガ、アニメが地域活性化の一役を担った成功例や、その経済波及効果を検証する。地域からのコンテンツビジネスの発信を掲げる京まふに、相応しい内容になりそうだ。

セミナーの会場は、京都市内のみやこめっせ(京都市勧業館)地下1階の大会議室で、定員は先着150名である。対象は事業者のみで、18歳以下は参加出来ない。
参加費は事前申し込みとなり、事前申し込みをした場合は無料、当日申し込みは1000円となる。申し込みは9月4日の17時まで公式サイトの専用フォームで受け付けている。ただし、定員に達し次第募集は終了となる。

京都国際マンガ・アニメフェア
/http://kyomaf.jp/ 

日時: 平成25年9月6日(金)
会場: 京まふ会場 地下1階 大会議室
対象: 事業者(ビジネス関係者以外、18歳未満の方は入場不可)
定員: 先着150名 (定員に達し次第終了)
参加費: 事前申込は無料 (当日申込みの場合は1000円)

「ONE PIECE」の海外ビジネスモデル
時間: 14時~15時〔60分〕
登壇者:清水慎治 (東映アニメーション取締役 兼 テレビ企画部長)

京都から世界へ! マンガ・アニメがもたらす地域活性化
時間:15時10分~16時10分〔60分〕
登壇者:井上 伸一郎 (KADOKAWA代表取締役専務 兼 角川書店代表取締役社長)
《真狩祐志》
【注目の記事】[PR]
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集