京都国際マンガ・アニメフェアがラッピング列車運行 「宇宙兄弟」や「とある」シリーズ、「薄桜鬼」など | アニメ!アニメ!

京都国際マンガ・アニメフェアがラッピング列車運行 「宇宙兄弟」や「とある」シリーズ、「薄桜鬼」など

ニュース

9月7日・8日の二日間「京都国際マンガ・アニメフェア2013」(略称・京まふ2013)が開催される。昨年初開催で2万人以上の来場者を集めた総合見本市とファンイベントである。
フェアのプロモーションを図るため、京都市営地下鉄東西線ではアニメのタイアップ列車「京まふ号」を7月25日より運行中だ。フェア出展作品の中から『宇宙兄弟』、『とある科学の超電磁砲』、『薄桜鬼』、『機巧少女は傷つかない』のキャラクターを車内外にデコレーションした。運行期間は約2ヶ月間を予定している。

「京まふ号」の車外にはキャラクターを印刷したシートを貼り付りつけている。サイズは等身大のため、遠くから見ても映えるデザインとなった。車内にも吊り革や車窓などいたるところにシートが貼られ、アニメの世界観を演出した。

作品のラインナップもバランスよく選ばれている。『宇宙兄弟』は夕方から放送しており、一般の認知度も高いテレビアニメだ。一方『とある科学の超電磁砲』は男性ファン、『薄桜鬼』は女性ファンから多くの支持を集めている。『機巧少女は傷つかない』は10月スタートの新番組で、幅広い層にフェア開催をアピールしたい京都市の狙いが窺える。
フェアに訪れた際に是非乗車してみたい車両に仕上がっている。「京まふ号」の運行日時は京都市交通局のサイトで確認することができる。

「京都国際マンガ・アニメフェア」は西日本最大級のアニメ関連総合イベントとして注目を浴びている。アニメのファン向けのイベントとビジネスイベントを組み合わせており、出展規模は約40企業・団体となっている。
今年も様々なステージイベントやタイアップ企画を行い、開催を盛り上げていく。
[高橋克則]

「京都国際マンガ・アニメフェア2013」
/http://kyomaf.jp/

「京まふ号」運行情報
/http://www.city.kyoto.lg.jp/kotsu/page/0000152548.html

「京都国際マンガ・アニメフェア2013(京まふ2013)」
日時: 9月7日午前9時~午後5時 9月8日(日)午前9時~午後4時
場所: 京都市勧業館(みやこめっせ)
入場料: 一般1000円、小学生以下無料(要保護者同伴)、外国人無料(要パスポート提示)
《高橋克則》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集