マンガ誌「モーニング」とヤフーに同時連載 「ドラゴン桜」三田紀房の最新作「インベスターZ」 | アニメ!アニメ!

マンガ誌「モーニング」とヤフーに同時連載 「ドラゴン桜」三田紀房の最新作「インベスターZ」

ニュース

大手ウェブポータルサイト運営のヤフーと有力マンガ誌が手を組んだ、異色のメディア展開が6月13日よりスタートする。しかも、展開される作品は、『ドラゴン桜』などで知られる人気マンガ家三田紀房さん待望の最新マンガとなる。
6月13日より講談社が発刊する週刊誌「モーニング」に、三田紀房さんの『インベスターZ』の連載が始まる。本作が、Yahoo! JAPANのトップページにも同時掲載されることになった。インターネットと紙雑誌がメディア超えて協力する。
マンガのデジタル化、そして電子書籍の急成長が進むなか、新たな挑戦となる。とりわけ、デジタルメディアに自ら切り込むかたちとなった「モーニング」の動きが注目される。

三田紀房さんは、これまで『クロカン』や『甲子園へ行こう!』などを描いてきた。なかでもテレビドラマ化などでヒットした『ドラゴン桜』は、話題作だ。第29回講談社漫画賞、第9回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞などを受賞する。現在は「ヤングマガジン」にて『砂の栄冠』も連載している。
「モーニング」での連載は、『エンゼルバンク』以来3年ぶりだ。『インベスターZ』は、札幌にある架空の超進学校・道塾中学高等学校を舞台とする。主人公・財前孝史は入試を全教科満点で通過した超優秀な中学1年生。そんな彼が「学園の秘密」に触れてしまうところから物語が進んでいく。
「学園の秘密」とは何なのか。「人間にとって一番大切なもの」とは何なのか。読者は、幼さの残る彼が学んで成長していく姿を見守り、応援することになる。

初の試みとなる「モーニング」作品のYahoo! JAPANでの同時連載には、大きな期待がかかる。「モーニング」28号では、表紙と巻頭カラー付きで一挙50ページが掲載される。
一方Yahoo! JAPANの特設ページでは、マンガを執筆する三田紀房さんのインタビューなど、様々なコンテンツが用意される。今後も本誌と連動して楽しめる『インベスターZ』の動きから目が離せない。

『インベスターZ』
/http://event.yahoo.co.jp/investorz/
《真狩祐志》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集