電子貸本Renta! 東南アジアユーザー向けに電子マネーMOL Pointsを導入 | アニメ!アニメ!

電子貸本Renta! 東南アジアユーザー向けに電子マネーMOL Pointsを導入

パピレスは6月6日より、海外向けに配信を行っている電子貸本Renta!英語版の東南アジアユーザ向け決済方法に、電子マネーMOL Pointsを新たに導入した。

ニュース
電子書籍サービスのパピレスは、海外で日本のマンガなどを楽しむユーザーのサービス向上を進めている。6月6日より、海外向けに配信を行っている電子貸本Renta!英語版の東南アジアユーザ向けに、電子マネーMOL Pointsでの決済を導入した。

MOL Pointsは、MOL AccessPortal Sdn. Bhd.がマレーシア、シンガポール、フィリピンなど、東南アジアを拠点として世界各国に提供している電子マネーである。利用するに当たり、コンビニエンスストア、オンラインバンク、携帯電話などでの端末を通してプリペイド番号を購入する。
ユーザーは「MOL Points」のポータルサイトでその番号を入力するだけで簡単にMOL Pointsを利用することが可能になる。インターネットでの課金ビジネスの要となる決済方法で、ユーザーの利便性を大きく向上させる。
電子貸本Renta!英語版は、東南アジアにもユーザーが多い。しかし、東南アジアではクレジットカードの普及があまり進んでおらず、決済方法の充実を望む声が大きかった。今回はこうした要望を受けたものだ。

電子貸本Renta!の英語版サービスは、2011年に開始した。海外で電子書籍市場が拡大しており、そのなかで海外の日本のマンガファンに作品を英語で届ける。PCはもちろん、iPhone、iPadをはじめKindle Fire、Nexus7といった様々な端末で閲覧が可能になっている。
閲覧は48時間閲覧100円からという時限レンタル方式と無期限閲覧方式のふたつで提供している。「手軽にちょっと読みたい」と「繰り返し何度でも読みたい」という異なるニーズへ対応する。
パピレスでは海外のユーザーがより「手軽に、安価に」日本のコンテンツを閲覧出来るよう、今後も翻訳版コンテンツの拡充や決済手段の充実に努めていくとしている。

電子貸本Renta!
/http://renta.papy.co.jp/renta/
《真狩祐志》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集