Amazonが二次創作市場に参入! 電子書籍プラットフォーム「Kindle Worlds」発表 | アニメ!アニメ!

Amazonが二次創作市場に参入! 電子書籍プラットフォーム「Kindle Worlds」発表

ニュース

[ニュース提供:/KAI-YOU.net]

米Amazonは、二次創作の作品を電子書籍として販売できる新プラットフォーム「Kindle Worlds」をスタートすると発表した。売上げは、原作者と二次創作の作者ともに印税として支払われる仕組みとなっている。現在取り扱いが決まっているのは小説作品のみ。

Amazonはこれまで、1冊の本として製本するには薄い短編の記事や小説、小冊子などを販売するための「Kindle Singles」や、単行本の内容をいくつかに分けた連載形式で配布できる「Kindle Serials」といった、電子書籍だからこそ可能な新しい出版フォーマットの拡大に意欲的に取り組んできた。今回の「Kindle Worlds」も、それらに続く全く新しいアプローチとなる。
英語では「ファン・フィクション」と呼ばれる、いわゆる二次創作と呼ばれる作品とそのムーブメントは、オリジナル作品に触発されたユーザーが、オリジナルでは描かれなかった部分を想像したストーリーを展開したり、時にはキャラ設定や世界観などを大胆に変更し、換骨奪胎して書き換えを行うなど、各々の思い描いた作品世界を自由に展開する場となっている。

今回の発表は、Amazon側が原著作者と交渉し契約を交わし、承認を得た特定の作品についてライセンスを獲得し、それらの二次創作については、「Kindle Store」での販売・購入が可能になるというものだ。1万語以上の作品については売り上げの35%を、(5000語から1万語という短編作品については売り上げの20%を、二次創作の作者に支払う。
ただし、小説作品のみ、ポルノグラフィは取り扱わない、作品の価格はAmazon Publishingが決定するなど、様々な規定も発表されている。二次創作作品の中でも、オリジナル要素を認められるキャラや設定、ストーリーなどについては、二次創作の作者に著作権を認めるという項目もある。同時に、そのオリジナル要素に関してはAmazonに独占ライセンスを認める必要があり、さらにAmazonの方では、そのオリジナル要素を、原著作者はもちろん、別の作者が二次創作に採用できるとしている点が興味深い。

すでにAmazonが権利を獲得していると発表したのは、いずれも人気作であるテレビドラマ「Gossip Girl」「Pretty Little Liars」「The Vampire Diaries」の3作品。HPでは、それらの脚本家から寄せられた、二次創作歓迎のコメントも掲載されている。
現在、ゲーム、テレビ、映画など様々な分野の作品の権利者との交渉を進めているとのことだ。「Kindle Worlds」自体のプラットフォームも近日中に公開される予定。
特にアニメやマンガ作品における二次創作は、日本では、オリジナル作品のファンコミュニティとしても日夜活発な交流が行われているが、市場規模としても、現在、一大マーケットを築き上げるまでに成長している。二次創作については賛否両論の議論が絶えないが、著作権侵害は親告罪となっており、著作権者が黙認している場合も多い。

近年話題となっているTPP(環太平洋戦略的経済連携協定)には、その「著作権侵害の非親告罪化」と「法定損害賠償金の導入」の項目が存在する。パロディや二次創作に関しては、同人だけではなく商業作家も決して無関係ではないため、TPPに日本が参加するか否か、注目が集まっているという現状もある。
それら二次創作は、従来、自費出版による同人誌という体裁で、同人誌即売会「コミックマーケット」や、同人誌を取り扱う「とらのあな」や「アニメイト」といったリアル店舗を主な販売経路としてきた。イラストSNS「pixiv」はじめ、ネット上にも多く公開されているが、それらの大半は著作権者に許可を得ない非公式なものであるため、電子書籍の販売流通はないに等しかった。

今後、Amazonの二次創作のプラットフォームが拡大すれば、日本の同人シーンにも多大な影響を及ぼすことが予想されている。

米Amazonによる「Kindle Worlds」スタートのプレスリリース(英語)
/http://phx.corporate-ir.net/phoenix.zhtml?c=176060&p=irol-newsArticle&ID=1823219&highlight=

/http://www.amazon.com/gp/feature.html?docId=1001197421

[ニュース提供:/KAI-YOU.net]
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集