“攻殻”をいかに壊しスタートさせるか 「攻殻機動隊ARISE」先行上映イベント開催 | アニメ!アニメ!

“攻殻”をいかに壊しスタートさせるか 「攻殻機動隊ARISE」先行上映イベント開催

イベント・レポート

左)黄瀬和哉さん、中央)冲方丁さん、右)石川光久さん
  • 左)黄瀬和哉さん、中央)冲方丁さん、右)石川光久さん
  • 左)黄瀬和哉さん、中央)冲方丁さん、右)石川光久さん
  • 黄瀬和哉監督
  • 冲方丁さん
  • 石川光久さん
  • (c)士郎正宗・Production I.G/講談社・「攻殻機動隊ARISE」製作委員会
2013年の新しい「攻殻機動隊」を目指して進められている『攻殻機動隊ARISE border:1 Ghost Pain』が、6月22日の劇場上映、Blu-ray先行販売に向けて本格的に始動している。
5月24日には、TOHOシネマズ六本木ヒルズおよびTOHOシネマズ梅田にて、世界最速のプレミア先行上映が開催された。当日は、TOHOシネマズ六本木ヒルズに総監督/キャラクターデザインの黄瀬和哉さん、シリーズ構成と脚本の冲方丁さん、そしてプロダクションI.G代表取締役社長の石川光久さんが登壇、トークを行った。

長年、プロデューサーとしてシリーズを見てきた石川社長は、新しい「攻殻機動隊」の誕生について次のように語った。「『攻殻機動隊』の誕生の話なので今まで作ってきた『攻殼』をいかに壊せるか、壊したところからスタートするという点では、キャスト・スタッフ、監督を含めて全部新しいスタッフで臨んでいる」。本作がシリーズにとって新しい挑戦であることを感じさせる。その意気込みはかなり高い。

冲方さんは、物語の進め方をこう説明する。「border:1」では「素子にとって最大の危機を最初から観せて、一人で脅威を乗り越えていく困難さ、チームを作る上で一人の限界を見せたかった」。
黄瀬総監督からは、「過去の話なので若返りを目指したのですが、素子に関しては少女っぽさを出したかった。女の子に可愛いと思ってもらえる素子を表現していきたい」と、若い頃の素子のイメージのだしかたについて紹介した。
会場に当日集まったファンは、約1000名だ。いずれも本作に大満足したようだ。終了後に行われたアンケートでも高評価が続出したという。

上映に向けたイベントは今後も続く。6月7日にはオールナイトイベント「『攻殻機動隊』電脳 ALL NIGHTイベント」の開催が決定している。
同じくTOHOシネマズ六本木ヒルズにて『ARISE』本予告上映のほか、『STAND ALONE COMPLEX The Laughing Man』、『S.A.C. 2nd GIG Individual Eleven』、『STAND ALONE COMPLEX Solid State Society』など数々のヒット作をスクリーンで連続上映する。シリーズを振りかえるまたとないチャンスだ。
ゲストにはテレビシリーズで監督を務めた神山健治さん、『ARISE』からは冲方さんと作画監督の西尾鉄也さんが来場する。チケットの料金は4000円(税込)である。

また、劇場上映に合せた劇場先行発売Blu-ray限定特典として、シナリオと生フィルムが付ことも発表された。価格は税込8000円だ。
一般発売のBlu-ray、DVDも含めて、共通映像特典として新作3DCG ショートアニメ『ロジコマ・ビート』(脚本:冲方丁/監督:井野元英二/音楽:コーネリアス)が収録される。話題たっぷりの『攻殻機動隊ARISE』だ。
[真狩祐志]

『攻殻機動隊ARISE border:1 Ghost Pain』
6月22日(土)より[2週間限定]
TOHO シネマズ 六本木ヒルズ、新宿バルト9ほかにて全国劇場上映

Blu-ray&DVD 一般発売
7 月26 日(金)より
Blu-ray 7140円(税込)  6090円(税込)
[Blu-ray・DVD 共通特典]
仕様:
黄瀬和哉(総監督・キャラクターデザイン)描き下ろしジャケット/特製スリーブケース
封入特典:特製ブックレット(オールカラー):作品世界をナビゲート&解説、新規インタビューなど
映像特典:
新作3DCG ショートアニメ『ロジコマ・ビート』
(脚本:冲方丁/監督:井野元英二/音楽:コーネリアス)、プロモーション映像、特報
《真狩祐志》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集