藤津亮太の恋するアニメ 第9回 キスの記憶(前編) | アニメ!アニメ!

藤津亮太の恋するアニメ 第9回 キスの記憶(前編)

連載・コラム 藤津亮太のテレビとアニメの時代

藤津亮太の恋するアニメ 第9回 キスの記憶(前編)

作・藤津亮太

どうにも世間の常識に納得しづらいことにまたまた直面して、考え込んでいるところにNがやってきた。いつも向こうの“壁打ち”の相手になっている身だ。少々、質問してもバチはあたるまい。N自身も意見がありそうな話題だし。

「あのさぁ、知り合いの結婚式に出たんだけれど、お約束で新郎新婦のキスがあってさ。あれって昔から苦手なんだよね。出生社への見世物としてはいいのかもしれないけど、どうなのかな? あれはうれしいものなの?」
そんな質問をぶつけた僕に対するNの第一声は……
「あれ、アニメの話題じゃないんだ」
だった。
いつもアニメの話題を振ってくるのはむしろNのほうなのだが、そんなことはすっかり忘れているようだ。

「まあ、映画のワンシーンみたいなものじゃない? 本人たちは映画の主役気分。観客は当人たちのそのコスプレ風主役気分を楽しむ感じ。つまり、みんな楽しいんだから、そんなところをわざわざ気にする人が少数派ってこと」
正しいのか正しいのかわからないが、歯切れだけはいい回答だ。

「今聞かれてちょっと気になったことがあったんだけど」
Nが続ける。
「アニメでキスシーンっていつごろから登場してるの? 私が子供のころ見た『ママレード・ボーイ』ってわりとキスシーン多かったなぁって思ったんだけど」
いきなりの無茶ぶりだが、ここで逃げるとNが二ヤリといやな笑いを浮かべるような気がする。サークルのH先輩に仕込まれた知識を総動員して、それなりの答えを用意しなくてはなるまい。

《animeanime》
【注目の記事】[PR]

関連ニュース

特集