国内映画初 「映画ドラえもん」シリーズ累計動員数1億人突破  | アニメ!アニメ!

国内映画初 「映画ドラえもん」シリーズ累計動員数1億人突破 

ニュース 映画/ドラマ

3月9日の公開の『映画ドラえもん のび太のひみつ道具博物館』が、快進撃を続けている。公開前から劇場前売券が25万枚を突破、さらに公開後の週末興収は2週間連続1位、公開16日間で興収20億円、動員180万人を突破した。
配給によれば興収は最終的に40億円以上を見込む。2006年から始まった新シリーズで最高成績を記録になる見込みだ。現在も全国353スクリーンで上映中だ。

こうしたなかで本作にて、映画ドラえもん」シリーズが大きな記録を達成した。シリーズ全34作品の累計動員数が、なんと1億人の大台を突破した。日本の人口にも匹敵する巨大な数字だ。
これは邦画シリーズではこれまで動員数で過去最高であった「ゴジラ」シリーズ28作品の9900万人を超えて歴代1位となる。1億円人突破は邦画では初だ。年月を超えて愛される「ドラえもん」ならではの積み上げだ。

「映画ドラえもん」シリーズは、1980年の『映画ドラえもん のび太の恐竜』の大ヒットからスタートした。1作目の成功を受けて、以降は2005年に一度休んだだけで毎年劇場映画が作られている。
2005年のお休みは、全声優の新世代へのバトンタッチ、そして制作メインスタッフも一新するポイントとなったためだ。2006年以降は「原作回帰」をテーマに、新時代の「映画ドラえもん」を目指している。

本年のヒットの要因は、長年作品でお馴染みになっている“ひみつの道具”にフォーカスしたことだとの指摘も多い。子どもたちのワクワク感を盛り上げる。
オリジナルストーリーでの挑戦が、見事に成功したかたちだ。

『映画ドラえもん のび太のひみつ道具博物館』
/http://doraeiga.com/2013/

原作: 藤子・F・不二雄
監督: 寺本幸代
主題歌: Perfume(「未来のミュージアム」)
脚本: 清水東 
演出: 山岡実 
キャラクターデザイン: 丸山宏一 
美術監督: 土橋誠
録音監督: 田中章喜

[キャスト]
ドラえもん: 水田わさび
のび太: 大原めぐみ
しずか: かかず ゆみ
ジャイアン: 木村昴
スネ夫: 関智一
ドラミ: 千秋
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

関連ニュース

特集