川井憲次が明かした「009 RE:CYBORG」 神山健治監督の要望とは? | アニメ!アニメ!

川井憲次が明かした「009 RE:CYBORG」 神山健治監督の要望とは?

ニュース

映画『009 RE:CYBORG』の関係者が次々に登壇して作品を語るイベント00“9”回連続キャンペーンの第3弾が11月25日に開催された。今回のゲストは、本作の劇中音楽を担当した川井憲次さんである。
川井憲次さんは、『GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊』や『機動戦士ガンダム00』などのアニメ、『DEATH NOTE』などの実写作品、さらにテレビ番組で数々の印象的な音楽を残す。日本の映画音楽の第一人者である。
本作でもすでに、iTunesで発売されたサントラ「SOUND OF 009 RE:CYBORG」がアニメアルバムランキングで1位を獲得している。さらに11月21日には、好評のなかでトリビュートアルバム「ANOTHER SOUND OF 009 RE:CYBORG」も発売された。

会場となった東京・新宿バルト9のシアター5は、『009 RE:CYBORG』と川井憲次さんのファンで満員となった。そして、桑島龍一さんの司会で、音楽世界からみた映画が語られた。
ここで川井さんは音楽を手がける際に、神山監督から「ヤニ臭くない音楽」にしてほしいと要望があったことを明かした。この真意は、音楽に若さが欲しいということ、エネルギー感があり、おじさん臭くない音楽であることを求められという。
神山監督からはほかにも細かくリクエストがあり、かなり密なコミュニケーションの中から音楽が生まれた様子だ。例えばエンディングテーマ「RE:CYBORG」では、資料に「曲の頭に『ギュアーン』というアタックから始まる」と指示があったという。また、冒頭の六本木のシーンで使用されている「声ありき」では、「彼の声」をイメージしてモンゴル民謡を取り入れた。

質問コーナーも大盛況だった。「どのようなことからインスピレーションを得ているか?」との質問には、普段はテレビもバラエティや自然のドキュメンタリー番組ばかりで、車の中くらいでしか音楽は聞かないとのコメントだった。「インプットが何なのか自分でもわからないが、好きなものは酒やネコかな~ 」と。
また、楽曲づくりの姿勢は、他の人の要望に応えて作品を作るタイプなので、仕事の依頼がなければ曲は作らないかもしれないという話が場内をからはざわめきが起きた。ファンからのかなりコアな質問も寄せられて、充実のトークとなった。

『009 RE:CYBORG』
全国公開中(2D/3D)
/http://www.ph9.jp/

Kenji Kawai Official Site
/http://www.kenjikawai.com/
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集