道節役・小西克幸さんも応援に駆けつけた “伏”と“馬琴”の秋葉原スペシャルトーク | アニメ!アニメ!

道節役・小西克幸さんも応援に駆けつけた “伏”と“馬琴”の秋葉原スペシャルトーク

イベント・レポート

道節について盛り上がる
  • 道節について盛り上がる
  • 江戸の町も話題に
  • 柿崎さんのレポが会場を惹きつける
  • 冥土と同じ帽子をかぶる監督
  • 「一膳飯屋 船虫風バーガー」
  • 「志乃のホットキャレメルラテ」
10月20日より公開中の映画『伏 鉄砲娘の捕物帳』が好評を博している。滝沢馬琴の古典『南総里見八犬伝』を作家・桜庭一樹さんが小説『伏 贋作・里見八犬伝』に変容させ、さらにそれを宮地昌幸監督がアニメ映画とした。
作品は猟師の娘・浜路、そして犬の血を引く“伏”である信乃のふたりを軸に展開する。ふたりを囲む浜路の友人・冥土、兄の道節、その恋人・船虫などが、物語を引き立てる。

11月6日に、この映画『伏 鉄砲娘の捕物帳』を題材に、<伏>と<馬琴>を語り尽くすスペシャルトークショーが、秋葉原で開催された。この日登壇したのは、本作の宮地昌幸監督、聖地巡礼プロデューサーの柿崎俊道さん、そしてMCをアキバのブロードバンドキャスターであるササキチさんが務めた。
さらに今回は、事前に発表になかったサプライズなゲストが出演し、会場を沸かせた。本編で硬派な浜路の兄・道節を演じた小西克幸さんである。

イベントの第1部は、小西さんを交えたトークとなった。道節のキャラクターや本編で描かれた江戸の町について語った。
アフレコでのエピソードも盛りだくさんだった。なかでも監督が、小西さんに「小西さんのまま演じてください」と話したというエピソードは印象的だった。小西さんはそれでは声がやや高めになるとと思ったが、監督はそれでいいとして、現在の道節になった。小西さんの個性が、かなり反映されたキャラクターだ。

会場となったRMバーガー&ブレイク アキバスタイルは、秋葉原の中心地で美味しさを追及した特製ハンバーガーを提供するお店。現在は、映画公開と合わせて、『伏』を熱烈プッシュ中である。
しかし、この日のイベントが秋葉原を会場にしたのには、もうひとつ理由がある。実は、滝沢馬琴は現在の秋葉原に住んでいたことがあるという。しかも、イベント当日の11月6日は、その馬琴が亡くなった日にあたる。
第2部は、聖地巡礼プロデューサーの柿崎俊道さんが、そうした滝沢馬琴と『南総里見八犬伝』と秋葉原のつながりを詳しく紹介、宮地監督と楽しいトークを繰り広げた。
イベントは全体でおよそ2時間とかなりボリュームとなった。『伏 鉄砲娘の捕物帳』から広がる世界とスタッフ、キャストのトークで、来場者も大満足だったに違いない。

『伏 鉄砲娘の捕物帳』
10月20日劇場公開
/http://fuse-anime.com

RMバーガー&ブレイク アキバスタイル
/http://r-milk.com/burger-and-break/
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集