AKB48挿入歌「シュガー・ラッシュ」MV 蜷川実花さんが監督 ラセターも大絶賛 | アニメ!アニメ!

AKB48挿入歌「シュガー・ラッシュ」MV 蜷川実花さんが監督 ラセターも大絶賛

ニュース

現地時間10月29日、ハリウッドの老舗劇場「エル・キャピタン」にてディズニーの最新長編アニメーション『シュガー・ラッシュ』のワールド・プレミアが行われた。
本作は日本では2013年3月23日に公開されることが決定し、すでに大きな話題を呼ぶ作品だ。今回のワールド・プレミア開催と同時に人気アイドルユニットAKB4による挿入歌「Suger Rush」のミュージックビデオの公開も開始した。

『シュガー・ラッシュ』は、お菓子で満載なレーシングゲームの世界が舞台。ヒーローになれない「悪役」のラルフと、レーサーになれない「ひとりぼっち」のヴァネロペが大冒険を繰り広げる。『トイ・ストーリー』のゲーム版とも称される感動のファンタジー・アドベンチャーだ。
登場するゲームのキャラクターなど日本の要素が多。監督のリッチ・ムーアさんが挿入歌の担当にAKB48を起用したことでも話題となっている。
さらに今回のワールド・プレミアに合わせて公開されたミュージックビデオは、サイプライズがあった。フォトグラファーや映画監督として活躍している蜷川実花さんが監督したことだ。蜷川実花さんらしいセンスと演出が随所に見られるものとなった。

ミュージックビデオを見たリッチ・ムーアさんは「とても魅力的で、曲も素晴らしいよ」と絶賛。音楽スーパーバイザーのトム・マクドゥーガルさんも「まさにパーフェクト!」と、製作総指揮のジョン・ラセターさんと共に満足している。

ワールド・プレミアにAKB48は出席しなかったが、プロデューサーで作詞の秋元康さんは「蜷川実花監督のもと、映画『シュガー・ラッシュ』の世界にAKB48が入り込んだような可愛らしいミュージック・クリップが完成しました。ディズニー映画の挿入歌に選ばれたことを大変嬉しく思います」と話した。

AKB48からも高橋みなみさんは「大きな仕事を達成できた」、大島優子さんは「世界中の皆さんに聴いていただける事が本当に嬉しい」、渡辺麻友さんは「ゲームのキャラクターになったみたい」、篠田麻里子さんは「ディズニー映画に私たちが参加できるなんて夢のよう」とコメントを寄せた。
[真狩祐志]

『シュガー・ラッシュ』
2013年3月23日全国ロードショー 3D/2D同時公開
配給:ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン
/http://disney.jp/sugarrush/
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集