劇場版「NARUTO」、今夏の興収14.6億円でシリーズ史上最高に | アニメ!アニメ!

劇場版「NARUTO」、今夏の興収14.6億円でシリーズ史上最高に

ニュース

2012年7月28日に全国東宝系で公開された劇場アニメ『ROAD TO NINJA -NARUTO THE MOVIE』の興行が好調だった。本作は人気アニメ『NARUTO-ナルト-』シリーズの劇場最新作である。
興行収入は、公開からおよそ2ヵ月となる9月23日までに、14.6億円(動員数125万人)に達した。これは10億円を大きく割り込んだ2011年夏のシリーズ『NARUTO-ナルト-ブラッド・プリズン』の約8億円から78%増加している。
また、2004年のシリーズ第1作『大活劇!雪姫忍法帖だってばよ!!』の13.7億円をも上回りシリーズ最高の記録となった。2005年から2011年は8億円から12億円のレンジとなっており、2012年は頭ひとつ抜けたかたちだ。

『NARUTO-ナルト-』は2012年に、アニメ化10周年、放送500回を迎えたこともあり、劇場映画にも大きな力が入っていた。原作者である岸本斉史さんが、初めて企画やストーリー、キャラクターデザインも手掛けている。
テレビ東京では、内容面での評価が極めて高かったことや、大規模なプロモーション、さらにSNSゲームサービスの開始などが追い風となったと説明している。

一方、例年大ヒットになる『劇場版 ポケットモンスター』シリーズは、今年はやや弱かった。7月14日全国東宝系公開の「劇場版ポケットモンスター ベストウイッシュ『キュレム VS 聖剣士 ケルディオ』」は、最終的な興行収入を35億円と見込んでいる。前年は41.5億円だったため2ケタ以上の減少となる。また、40億円の大台が割れたのは、2006年以来6年ぶりだ。
さらに、テレビ東京は、8月18日公開の『劇場版フェアリーテイル -鳳凰の巫女』、8月11日公開の『ジュエルペット スウィーツダンスプリンセス』も手掛けている。それぞれ興収は2.3億円と1.7億円、夏だけで4本の劇場アニメを公開した。この結果、夏のアニメ映画の興行成績は、総体的に見るとほぼ想定どおりとしている。

テレビ東京 /http://www.tv-tokyo.co.jp/
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

  • 日米同時公開「モンスター・ホテル」 全米興行好調スタート  画像 日米同時公開「モンスター・ホテル」 全米興行好調スタート 
  • 「バイオハザードV」 興収20億円超え、2012年洋画で最速 画像 「バイオハザードV」 興収20億円超え、2012年洋画で最速
  • これが映画だ!! 「アベンジャーズ」が興収30億円突破 画像 これが映画だ!! 「アベンジャーズ」が興収30億円突破

特集