TIFFCOM、東京国際アニメ祭など、お台場で4つのコンテンツ見本市スタート | アニメ!アニメ!

TIFFCOM、東京国際アニメ祭など、お台場で4つのコンテンツ見本市スタート

10月23日から、東京・お台場のホテル グランパシフィック LE DAIBAにて、コンテンツ見本市TIFFCOM、東京国際アニメ祭2011 秋、東京国際ミュージックマーケット、Creative Market Tokyo(CMT)の4つがスタートした。

ニュース
4つのマーケットのシナジー効果を狙う
  • 4つのマーケットのシナジー効果を狙う
10月23日から、東京・お台場のホテル グランパシフィック LE DAIBAにて、コンテンツ見本市TIFFCOM、東京国際アニメ祭2012 秋、東京国際ミュージックマーケット、Creative Market Tokyo(CMT)の4つがスタートした。
4つの国際見本市は、日本からのコンテンツ発信を目指したコ・フェスタの一環である。昨年までは個別に開催されてきたがシナジー効果を狙い2012年は、合同開催となった。

開催を記念して10月23日には、10時からホテル グランパシフィック LE DAIBAにて、4イベント合同のオープニングセレモニーが行われた。
まずは主催者である経済産業省を代表し、商務情報政策局審議官の今林顕一さんが登壇。来場者に挨拶を述べた。今林さんは、先日のノーベル賞受賞や日本人初のミス・インターナショナル誕生になぞらえ「この合同マーケットも世界と一緒に夢を語り合うところまで来ている」と意気込みを語った。そして本イベントが国や業界を超えた交流の場になることへ期待を寄せた。最後は関係者に感謝の念を述べ挨拶を締めくくった。
その後、各界を代表する面々が集まりテープカットが行われ、オープニングセレモニーは幕を閉じた。3日間、コンテンツの国際取引がスタートすることになる。

TIFFCOMは今年で9回目となるエンターテイメントに特化した国際ビジネスマーケットである。またTIMMは音楽見本市、CMTはクリエイター見本市である。
東京国際アニメ祭2012秋は、毎年秋に行われるアニメーションの国際見本市である。今年はアニプレックスやゴンゾなどのアニメ関連企業が出展を行っている。2012年に3回目の開催を迎え、会場を秋葉原のUDXからお台場のホテル グランパシフィック LE DAIBAへ移動した。

映画・テレビ・アニメーション・コミック・音楽など様々なコンテンツを扱う出展者と、世界各国のバイヤーを繋げる出会いの場として、これからも重要な位置を占める総合見本市となるだろう。また、コンテンツの出展だけでなくビジネスを題材にしたセミナーやシンポジウムなど数多くの企画も実施される。
[高橋克則]

「東京国際アニメ祭2012秋」
/http://tiaf.jp/

会場: ホテル グランパシフィック LE DAIBA
開催日時:2012年10月23日(火)~ 25日(木) 9:00?18:00 (最終日のみ 17:00迄)
主催: 経済産業省、一般社団法人日本動画協会
後援: 東京都、NPO法人映像産業振興機構
協力: 公益財団法人ユニジャパン、独立行政法人 日本貿易振興機構、財団法人音楽産業・文化振興財団、東京国際アニメフェア実行委員会事務局
《animeanime》
【注目の記事】[PR]
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集