米国最大級 エンタメの祭典コミコン2012始まる アメコミヒーローに大きなスポットライト | アニメ!アニメ!

米国最大級 エンタメの祭典コミコン2012始まる アメコミヒーローに大きなスポットライト

イベント・レポート 海外イベント

7月12日から米国最大のポップカルチャーの祭典であるコミコンインターナショナル(Comic-Con International)が、カリフォルニア州サンディエゴでスタートした。7月12日から15日までの4日間、アメコミのアーティストや業界関係者はもちろん、ハリウッドスターや有名監督、プロデューサーが多数姿を見せる。
1970年代にアメリカンコミックスのイベントからスタートしたコミコンは、1990年代、2000年代を通じて急成長した。映画・テレビ番組のハリウッド業界、ゲーム業界、玩具業界を巻き込んで、いまでは期間中、実数で十数万人、延べでは数十万人が参加する。米国のエンタテイメント業界で最も重要なイベントとなっている。

そんなコミコンの2012年の大きな目玉は、アメコミ作品への熱い視線だろう。ただし、アメコミと言ってコミックスというよりも、アメコミ発の大作映画である。
ひとつの理由は初夏に公開された『アベンジャーズ』の世界的な大ヒットの存在が大きい。本作はマーベルコミックのヒーローが連合を組んで戦う超大作である。これがアメコミ原作映画の持つ力を再認識させている。
さらに直近で公開された『アメイジング・スパイダーマン』の同様のヒット、公開直前のダークナイト3部作の最終章『ダークナイト ライジング』などもあり、例年になくスーパーヒーローの目立つコミコンなった。マーベルコミックスのブースでは、すでに2013年公開の『アイアンマン3』がプッシュされている。

スーパーヒーローが目立つ一方で、会場には若い男女だけでなく、親子連れなど幅広い層も目立つ。そうした層には、マテルやハズブロなどの玩具、また、数々のキャラクターが人気だ。また、任天堂やソニー・コンピュータエンタテインメントなどのゲームも存在感を発揮している。
[数土直志]

コミコンインターナショナル(Comic-Con International)
/http://www.comic-con.org/cci/
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

関連ニュース

特集