8月1日公開 3D『マダガスカル3』 全米で快進撃 世界各国でNO.1 | アニメ!アニメ!

8月1日公開 3D『マダガスカル3』 全米で快進撃 世界各国でNO.1

満を持して3Dで登場するシリーズ最新作『マダガスカル3』が、全米を始めとする全世界週末興行成績で2週連続No.1を記録した。週末公開15カ国全て1位!世界43カ国No.1!

ニュース
 
  •  
  •  
  •  
満を持して3Dで登場するシリーズ最新作『マダガスカル3』が、全米を始めとする全世界週末興行成績で2週連続No.1を記録した。週末公開15カ国全て1位!世界43カ国No.1!と、早くも全世界で『マダガスカル』旋風を巻き起こしている。

先週末は、トム・クルーズ最新作『ロック・オブ・エイジス』、アダム・サンドラー最新作『That's My Boy』などの並いる競合を抑え堂々第1位を獲得した。週末3日間3,550万ドルの興行収入を叩きだした。
6月17日(日)までの10日間で早くも1億2,045ドルを突破、前作『マダガスカル2』の10日間(1億1,690万ドル)を大きく上回る成績となった。また下落率も先週より41%と少ない落ちで、『カーズ2』が60%、『トイ・ストーリー3』が46%、『マダガスカル2』が44.5%という前例からも、今作の話題ぶりがうかがえる。

インターナショナルでは、ロシア、フランス、中国、ブラジルなど先週公開された国では、2週目も絶好調で興行収入No.1を記録。
また、先週末からは新たに15カ国で公開され、全ての国でNo.1スタートとなり、アラブ首長国連邦ではアニメ史上最高の興行収入をあげるNo.1発進となった。現在、全世界でNo.1スタートとなったのは43カ国、累計興収1億5,700万ドルをあげている。

今回のストーリーは、ヨーロッパで指名手配されてしまったアレックスと仲間たちが、おんぼろサーカスに逃げこんでの大騒動。果たしてアレックスたちはサーカスを立て直し、故郷ニューヨークに帰れるのか?
日本では、夏休みの8月1日(水)映画ファーストデーからの公開だ。夏休みファミリー映画の大本命をぜひ劇場の3Dで楽しもう。
[岡野萌子]

『マダガスカル3』
監督: エリック・ダーネル/トム・マクグラス/コンラッド・ヴァーノン
日本語吹替版声優: 
アレックス:玉木宏、マーティ:柳沢慎吾、メルマン:岡田義徳、グロリア:高島礼子
ドリームワークス アニメーション提供/PDI・ドリームワークス作品
配給: パラマウントピクチャーズ ジャパン
《animeanime》
【注目の記事】[PR]
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集