「おおかみこどもの雨と雪」 早くもフランス公開決定 今夏日本と同時期に | アニメ!アニメ!

「おおかみこどもの雨と雪」 早くもフランス公開決定 今夏日本と同時期に

ニュース

『時をかける少女』、『サマーウォーズ』と世界各国で高い評価を受けてきた細田守監督が、この夏、新たなかたちで海外に飛び出す。
7月21日に東宝系で全国公開される細田守監督の期待の新作映画『おおかみこどもの雨と雪』のフランス公開が、早くも決定した。8月29日から現地で上映をスタートする。

これは日本公開からおよそ1か月後となる。日仏でのほぼ同時期の公開となる。日本の劇場映画が国内公開後すぐにヨーロッパで公開されるケースは少なく、注目を浴びそうだ。現地のアニメファン、映画ファンにも歓迎されるだろう。
また、パリにてワールドプレミアの実施も今回決定した。詳細は明らかにされていないが、こちらも大きな話題を呼ぶに違いない。今後の情報を待ちたい。

さらに6月26日から7月21日まで、同じくパリで「細田守アートワーク展」が開催される。会場は2004年以来、アニメーションやマンガ作品のアートを専門に手掛けるArludikである。
展覧会では『おおかみこどもの雨と雪』だけでなく、細田守監督の過去の2作品『時をかける少女』、『サマーウォーズ』も含めた背景画、場面写真、ポスター原画などの展示と販売を行う。フランスから広く世界にその魅力を発信していく。

日本の新世代のアニメーション監督として注目を集める細田守監督だが、フランスは特に大きな意味のある国だ。2007年に同国で開催される世界最大のアニメーション映画祭アヌシー国際アニメーションフェスティバルで、『時をかける少女』が長編部門の特別賞に輝いている。
また、お隣の国スペインでは、シッチェス国際映画祭アニメーション部門で『時をかける少女』、『サマーウォーズ』がいずれも最優秀賞を獲得している。南ヨーロッパは、世界でもとりわけ細田監督の評価が高い地域だ。今夏は、日本、そして世界での細田守作品の活躍が期待される。

『おおかみこどもの雨と雪』
7月21日(土)より、全国東宝系にてロードショー
スタジオ地図作品
http://www.ookamikodomo.jp/index.html

「細田守アートワーク展」
場所: フランス パリ 画廊Arludik
期間: 2012年6月26日~7月21日

『おおかみこどもの雨と雪』
フランス公開
8月29日(水)より
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集