「巨神兵東京に現れる」スタジオジブリ制作の特撮短編映画、この夏、東京に現れる | アニメ!アニメ!

「巨神兵東京に現れる」スタジオジブリ制作の特撮短編映画、この夏、東京に現れる

イベント・レポート

数々の長編アニメ映画で知られてきたスタジオジブリが、なんと特撮映画に乗り出す。5月10日に、東京・六本木のニコファーレで行われた大型展覧会「館長 庵野秀明 特撮博物館」の記者発表会で明らかにされた。
「館長 庵野秀明 特撮博物館」は、今夏、スタジオジブリの企画協力で東京都現代美術館で開催される特撮のミニチュア技術にフォーカスした企画展である。エヴァンゲリオンシリーズで知られる庵野秀明さんを館長、映画監督の樋口真嗣さんを副館長として組み立てられる。

企画展は特撮に利用されてきたミニチュアや道具を数多く展示する。しかし、その素材だけでなく実際にその技術を使った特撮映画を制作しようとのアイディアから、新作の特撮短編映画が登場することになった。
樋口真嗣監督による『巨神兵東京に現れる』である。企画は庵野秀明さんが務める。日本の映画界を代表するふたりが作品を創り出す。

映画のタイトルから判るとおり、本作は宮崎駿監督の代表作のひとつ『風の谷のナウシカ』に登場する巨神兵を引用した特撮映画となる。ストーリーは明らかになっていないが、巨神兵の造形を特撮造形の大家・竹谷隆之さんが担当するなどその気合の入り具合は、記者会見からも十分に伝わってきた。ファンを期待させる要素は十分だ。
特撮短編の制作にあたって、「なぜ巨神兵が出て来たのか?」とのきっかけについて、庵野秀明さんとスタジオジブリの鈴木敏夫プロデューサーは、この案はすぐ浮かんだと話す。また、この打ち合わせをスタジオジブリでやっていたことから、その場で宮崎駿さんに了解を取りに行ったという。宮崎監督は即答で、「巨神兵ならいい。ただし、ナウシカは出すな。」と答えたエピソードも紹介された。

映画は当初は5分としていたが、樋口監督は「まだ映画は完成していない。5分から7分」と語る。さらに、宮崎駿監督が後ろにいるだけにプレッシャーも感じているとのことだ。鈴木プロデューサーは、「宮崎駿には見せていない。映画が出来上がったら、後戻り出来ない頃に見せる」と話す。
また、庵野秀明さんからは、CGは使わない、最後の特撮映画との話もあった。昭和の技術を継承する最後の映画になるかもしれない本作、一体どんな映像、ストーリーになるのだろうか。

「館長 庵野秀明 特撮博物館」
ミニチュアで見る昭和平成の技
http://www.ntv.co.jp/tokusatsu/index.html

開催期間: 2012年7月10日(火)~10月8日(月・祝)
開催場所: 東京都現代美術館 企画展示室1F・B2F
主催: 公益財団法人東京都歴史文化財団 東京都現代美術館/日本テレビ放送網/マンマユート団企画制作協力: スタジオジブリ/三鷹の森ジブリ美術館
館長: 庵野秀明
副館長: 樋口真嗣
展示コーディネート: 原口智生、西村祐次
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集