世界的話題作「アベンジャーズ」 日本語版吹き替えに藤原啓治、中村悠一ら | アニメ!アニメ!

世界的話題作「アベンジャーズ」 日本語版吹き替えに藤原啓治、中村悠一ら

ニュース

5月4日の全米公開を前に大作映画『アベンジャーズ』が、4月末に先行公開されたヨーロッパ、アジア各国でセンセーションを巻き起こしている。世界37ヵ国のオープニング興行は1億7840万ドルを超え、大ヒットになっている。
マーベルコミックスの人気ヒーローが総登場するという話題性、ビッグバジェットで実現する最先端のVFX映像、さらにストーリーへの評価も高い。今週末スタートする全米公開でも記録的な興収を予想する声が高まっている。

本作の日本語版吹替えの主要キャストが決定し、このほど発表された。今回明らかになったのは、アイアンマン、キャプテン・アメリカ、ソー、ハルクの4人のヒーローである。
アイアンマンを演じるのは藤原啓治さん、これまでも「アイアンマン」シリーズを初めとする映画でロバート・ダウニーJr.の声を担当してきただけに納得である。
キャプテン・アメリカの中村悠一さんも、2011年に公開された映画『キャプテン・アメリカザ・ファースト・アベンジャー』で同役柄を担当した。アニメでは『マクロスF』の早乙女アルト、「CLANNAD」シリーズの岡崎朋也役で人気だ。
雷神ソーは三宅健太さん、超人の科学者ハルクは宮内敦士さんがそれぞれ起用された。実力派が並び、充実した吹替え版が期待出来る。このほか唯一の女性アベンジャーズ、ブラック・ウィドウ役に女優の米倉涼子さんが挑むことはすでに発表済だ。

今回決定した4人の声優キャストは、文化放送の新コーナーとしてスタートする「アニスパ!アベンジャーズラボ」に出演をする。
「アニスパ!アベンジャーズラボ」は4月28日から放送を開始した番組で、『アベンジャーズ』の見どころや各キャラクターの必殺技など作品の魅力を伝える。今後も5月から8月17日の国内公開まで放送を予定する。

『アベンジャーズ』
8月17日(金) 3D/2Dロードショー
配給:ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン
Avengers-movie.jp   

監督: ジョス・ウェドン 
出演
ロバート・ダウニーJr./クリス・エヴァンス/マーク・ラファロ/クリス・ヘムズワース/スカーレット・ヨハンソン/ジェレミー・レナー/サミュエル・L.ジャクソン

『アベンジャーズ』主要メンバー日本語版吹替えキャスト

■億万長者にして天才発明家アイアンマン
  藤原啓治

■70年の眠りから覚めた伝説の戦士キャプテン・アメリカ
  中村悠一

■神々の国から追放された雷神ソー
  三宅健太

■怒りによって巨人に姿を変える科学者ハルク
  宮内敦士
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

  • マーベルの新しいヒーロー 「マイティ・ソー」7月2日に公開決定 画像 マーベルの新しいヒーロー 「マイティ・ソー」7月2日に公開決定
  • マーベールヒーローの原点 「キャプテン・アメリカ」10月3D公開 画像 マーベールヒーローの原点 「キャプテン・アメリカ」10月3D公開
  • 「マーベル・キャラクター大事典」 限定3000部で発売  画像 「マーベル・キャラクター大事典」 限定3000部で発売 

特集