「ファイ・ブレイン ~神のパズル」 アニメ作りも難解なパズル?! 佐藤順一監督(第1シリーズ)、遠藤広隆監督(第2シリーズ)インタビュー(1) | アニメ!アニメ!

「ファイ・ブレイン ~神のパズル」 アニメ作りも難解なパズル?! 佐藤順一監督(第1シリーズ)、遠藤広隆監督(第2シリーズ)インタビュー(1)

インタビュー

「ファイ・ブレイン」
  • 「ファイ・ブレイン」
  • 【ファイ・ブレイン】VOL.1~VOL.3 ブルーレイ&DVD好評発売中!(全7巻発売予定)
  • 「ファイ・ブレイン」2巻ジャケット
  • 「ファイ・ブレイン」5巻ジャケット
「ファイ・ブレイン ~神のパズル」 アニメ作りも難解なパズル?!
佐藤順一監督(第1シリーズ)、遠藤広隆監督(第2シリーズ)インタビュー(1)


NHK Eテレで毎週日曜日午後5時30分から放映中の『ファイ・ブレイン ~神のパズル』が、カイトとルークらの壮大なドラマと伴に第1シーズンのフィナーレを迎えた。
その感動も冷めやらぬ中で、4月8日の放送よりいよいよ第2シーズンを迎える。新しいキャラクター達も登場し、また新たな物語のスタートを切る。
また、第1シーズンの佐藤順一監督から、第2シーズンは遠藤広隆監督に引き継がれるのも注目される。第1シーズンを終えたいまの感想と第2シーズンの行方について両監督に伺った。


■ 第1シリーズフィナーレ、第2シリーズは遠藤広隆監督の手に

アニメ!アニメ!(以下AA)
大好評のなか第1シリーズがフィナーレを迎えました。シリーズが終わった感想から伺わせてください。

佐藤順一監督(以下佐藤)
いろいろな作品があるなかで、この作品は日常ではない、どれだけハッタリを利かすことが出来るかという作品です。それが勝負。
それがうまくドラマにも回収できてほっと一息という感じです。大まかな着地点は見えていましたが、それがドラマに結実して一安心というところです。

遠藤広隆監督(以下遠藤)
第1シリーズでは相当やり遂げた感がありました。たくさん風呂敷を広げて、そして最後に音がついた作品を観て、こんなにも面白いアニメはないのではないかと思いました。中身がしっかりしており、ドラマもあり、パズルも話数が増えるにしたがって、どんどん面白くなりました。こんなにも面白くなるとは思いませんでした。(笑)

AA
第2シリーズからは、遠藤監督が佐藤監督を引き継ぐことになりましたね?

佐藤
実際には第1シリーズから、演出的なことは全て遠藤君がやっていました。それで今回、全体を含めて監督をやってもらおうということです。
そもそも、最初にサブでお願いした時から若い監督を育てたい、若い監督でという話もありました。今回はいい機会なので、どーんと行きます。

AA
遠藤監督は、「次は監督です」と言われた時はどう考えられましたか?

遠藤
頑張らないといけない、まずはそれでしたね。
第1シリーズの段階で、既に佐藤監督が線路を敷いています。その枝葉をいかに広げていくかです。
たぶん比較されると思います。第1シリーズよりパワーダウンしたよねと思われないように、基本的な部分は踏襲しながらも、少しずつでも変わったことにもチャンレンジ出来たらいいですね。

遠藤
実は終盤へ向かって盛り上がっている時に第2シリーズのお話をいただきました。やりきった満足感があったので、そのなかで第2シリーズは何が出来るのか、みなさんの力を借りながらやっている途中です。


■ パズルとアクション ふたつの戦い

AA
『ファイ・ブレイン』には、熱い戦い、熱血というイメージがあります。それは意識されてましたか?

佐藤
それは難しいところですね。拳と拳なら熱くなれます。ただ、知恵と知恵でどうやって熱くなれるんだというのは意外と難しいところです。

AA
パズルを使いながらも、ずいぶんアクションシーンは派手に盛り込まれています。

佐藤
確かにずっと知恵の輪をやっているわけにはいきませんから。そうした意味でパズルの舞台のデザインには苦労しました。そこをはったりやギミックの大きさとか迫力でみせるのに苦労しました。

AA
前から気になっていたのですが、これはパズルがあってドラマ作りに入るのですか?それともドラマがあってパズルを考えるのですか?

佐藤
なんと、パラレルにやっています。(笑)キャッチボールのようにして作るという大変なことをやっています。

遠藤
シナリオライターさんとパズルを作るかたが、相手の出方をみながら出していく感じです。その時々ですね。パズルが先だったり、物語が先だったりします。そうしたところは普通の作品に比べて相当時間がかかっています。


■ オリジナル作品とキャラクター

AA
最近は、オリジナル作品が増えていますが、それでも原作なしで作品を生み出すのは難しい作業だと思います。

佐藤
オリジナルと原作物はアプローチが全然違います。オリジナルでは、まずキャラクターが何をやりたいかをはっきりさせることから始まります。
オリジナルのやりやすさのひとつは、設定に合わせて途中でキャラクターを変えていくことが出来ることです。このキャラクターはこういった過去だったことにしようといった具合です。割とフレキシブルに出来ます。『ファイ・ブレイン』では、このやりかたがうまくいったのでないかと思っています。

AA
監督が特に気に入っているキャラクターはいますか?

遠藤
僕はギャモンですね。当初から言っているんです。(笑)
声が入った瞬間から、幸せになって欲しい、頑張って欲しいと思っています。

AA
確かに立ち位置からいきますとなかなか不幸になりそうな気もしますね(笑)

佐藤
ギャモンは割と早い段階でキャラが立ちましたね。

AA
佐藤監督はどうですか?

佐藤
やはりギャモンは動かしていて楽しいので、いろいろやらせますね。
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集