SF小説「新世界より」 アニメ化からさらにマンガ版もスタート | アニメ!アニメ!

SF小説「新世界より」 アニメ化からさらにマンガ版もスタート

ニュース

fnw.jpg 2008年から大反響を呼び、日本SF大賞の受賞にまで至った貴志祐介さんの小説『新世界より』。タイトルからも分かるようにドヴォルザークの交響曲第9番もモチーフとして取り入れた大作だ。
 1000年後の日本。社会を形成しているのは「呪力」と呼ばれる念動力。人類の辿った歴史、異種族、異形の怪物などが織り成す圧倒的なエンターテインメント。
 その壮大さ故に映像化は不可能なのではないかと言われてきた。それから4年を経て遂にアニメ化に漕ぎ着けた当作。メディア展開は本放送の前にコミカライズからスタートすることになった。

 マンガは5月9日発売の「別冊少年マガジン」(講談社)から連載が開始される。卓越した画力の新鋭・及川徹さんが描いていく。テレビアニメと共に、新たなかたちの『新世界より』として楽しめる。
 またアニメコンテンツエキスポ2012では原作の貴志さん、監督の石浜真史さん、キャストを交えたイベントが開催される。イベントは4月1日の14時5分からwhiteステージで行われる。キャストは種田梨沙さん、東條加那子さん、工藤晴香さん、花澤香菜さん、藤堂真衣さんが出演する。見どころはPVの初公開だろう。ほかにも作品の先行情報や裏話が聞けるに違いない。

 さらに、ファンが気になるのはアニメの放送開始日である。『新世界より』はテレビ朝日系列での放送、制作はA-1 Picturesとあって期待されている。こちらの発表がいち早く望まれている。
【真狩祐志】
画像: (c)貴志祐介・講談社/「新世界より」製作委員会

アニメ『新世界より』 
テレビ朝日・CSテレ朝チャンネル ほか にて放送予定
/http://www.tv-asahi.co.jp/shinsekaiyori/
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集