TAF2012公募受賞作品 「これくらいで歌う」や「rain town」など | アニメ!アニメ!

TAF2012公募受賞作品 「これくらいで歌う」や「rain town」など

ニュース

 東京国際アニメフェア2012の第11回東京アニメアワードの受賞作品が発表された。劇場長編やテレビシリーズなどが対象のノミネート部門では、グランプリに相当するアニメーション・オブ・ザ・イヤーに『コクリコ坂から』が選ばれた。
 東京国際アニメフェアは、今年の開催で10周年を迎える。第1回の新世紀東京国際アニメフェア21では『千と千尋の神隠し』がグランプリであった。昨年の開催は中止となったももの、アワードの表彰式は10月に実施された。
 第10回のアニメーション・オブ・ザ・イヤーは『借りぐらしのアリエッティ』で、今回の『コクリコ坂から』で2年連続スタジオジブリ作品となった。10年を経て世代が受け継がれているかのような格好にもなっている。

 海外から中国の『Pig Sale』(Chen Xifeng)がグランプリとなったが、受賞全体を見ると国内作品が多めになっている。優秀作品賞一般部門に『これくらいで歌う』(椙本晃佑)や同学生部門に『おにしめおたべ』(今林由佳) などや、Cortoons Italia 2012賞に『チルリ』(川﨑健司)、入選に『rain town』(石田祐康)、『Spots Spots』(胡嫄嫄)、『やさしいマーチ』(植草航)となった。
 椙本さんの『これくらいで歌う』は、第23回CGアニメコンテストや第13回DigiCon6でグランプリなどと破竹の勢いとなっているが、椙本さんはこれまで東京アニメアワードにおいても『the TV show』や『FULL Moon Party』で受賞しており常連となっている。同じく他でも受賞の多い『rain town』の石田さんは、第9回に『フミコの告白』以来2回目だ。
 このほか今林さんの『おにしめおたべ』、胡さんの『Spots Spots』、植草さんの『やさしいマーチ』と、東京藝術大学大学院映像研究科アニメーション専攻の作品が躍進を見せているのも特徴になっている。

 今年のグランプリは中国作品となったが、過去を振り返っても海外勢のグランプリが多い。前回の公募部門グランプリはフランスの名門ゴブランの『Trois Petits Points』(Alice DIEUDONNE)であった。
 前回は他の海外作品でも一般部門の優秀作品賞にアメリカの『Thought of You』(Ryan Woodward)などと目立っていた。この 『Thought of You』はネットでも話題になった作品で、作者は昨年マーサ・グレアム生誕117年でGoogleロゴのアニメーション制作などもしている。
【真狩祐志】

東京国際アニメフェア /http://www.tokyoanime.jp/

当サイトの関連記事
/東京アニメアワードに「コクリコ坂」、「タイバニ」、「まどマギ」受賞

東京国際アニメフェア2012 公募部門作品一覧

グランプリ
『Pig Sale』 Chen Xifeng(中国)

優秀作品賞
一般『DRIPPED』 VERRIER Leo(フランス)
  『これくらいで歌う』 椙本晃佑
学生『おにしめおたべ』 今林由佳
  『ざりがに』 川平美緒

特別賞
『Happy Anniversary』 cheng teng(中国)

東京ビッグサイト賞
『灯り』 岩永大蔵

Cortoons Italia 2012
『チルリ』 川﨑健司

入選
『rain town』 石田祐康
『Spots Spots』 胡嫄嫄
『やさしいマーチ』 植草航
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集