「這いよれ!ニャル子さん」 アフレコ快調 声優陣高い意気込みで | アニメ!アニメ!

「這いよれ!ニャル子さん」 アフレコ快調 声優陣高い意気込みで

2月13日、4月から放送が開始されるアニメ『這いよれ!ニャル子さん』のアフレコが行われた。『這いよれ!ニャル子さん』は、ソフトバンククリエイティブ

ニュース
 2月13日、4月から放送が開始されるアニメ『這いよれ!ニャル子さん』のアフレコが行われた。『這いよれ!ニャル子さん』は、ソフトバンククリエイティブ「GA文庫」からこれまで8巻まで刊行、累計60万部超のライトノベルだ。
 その人気を受けてドラマCDやOVAなども制作されたが、テレビ東京やAT-Xなどで遂にテレビシリーズ展開も始まることとなった。銀髪の美少女「ニャル子」は、クトゥルー神話に登場する「無貌の神」ニャルラトホテプ。ニャル子が高校生の八坂真尋を悪の組織から守るべく、怒涛のハイテンション混沌コメディが繰り広げられる。

 アフレコには阿澄佳奈さん、喜多村英梨さん、松来未祐さん、羽多野渉さん、大坪由佳さん、新井里美さん、てらそままさきさん、松本忍さんが臨んだ。収録はバレンタイン前日でもあったことから、クー子役の松来未祐さんが手作りチョコレートを持参するなど、現場の雰囲気は和気藹々としていた。
 そうした現場から、アフレコ後にコメントも得ることが出来た。ニャル子役の阿澄佳奈さんなど、主要キャラを演ずる5名からの意気込みを感じ取ってみてほしい。
【真狩祐志】

        nyaru1.jpg

這いよれ!ニャル子さん /http://nyaruko.com/

  阿澄佳奈 (ニャル子役)
  喜多村英梨 (八坂真尋役)
  松来未祐 (クー子役)
  羽多野渉 (余市健彦役)
  大坪由佳 (暮井珠緒役)

        nyaru2.jpg

■ アフレコを終えての感想は?

大坪
動きが可愛らしいアニメだなと思いました。ニャル子さんというだけあってニャンニャンっていう感じで。(笑)
見ていてほっこりするというか、癒されます。私も声をあてて可愛いな!と思いました。

喜多村
真尋という役柄に対してはドラマCDなど絵の動きがないものが多かったので、今回動く真尋さんということで自分の中での真尋像の奥行きが深くなりました。こんな表情するんだなという発見のあるアフレコでした。

阿澄
ドラマCDから長いお付き合いになってまいりました。いろいろな過程を経て、それぞれの表現方法のおもしろさをニャル子で体験させていただいて、ついに念願のフルアニメーション!ということで、動くニャル子、ぬるぬる動くニャル子をみて感慨深かったです。
すごく嬉しくハイテンションに頑張らせていただきました。

松来
動くニャル子さんをみて、ニャル子達のドタバタが、すごく勢いのある動きになっていて、見ていてとっても楽しいし、この先の収録も楽しみになりました。

羽多野
僕はこのアニメーションからの参加なのですが、非常に可愛らしい作品です。普段、年齢高めの役が多いので若い役は緊張しました。これからも学校のシーンを是非描いてほしいなと思っています。

■ TVシリーズならではのみどころをお聞かせ下さい。

喜多村
真尋がフォークでニャル子を威嚇するというところがキモです。ニャル子と、阿澄さんと違うところでHPを削るキャラなので、ニャル子との温度差みたいなところがアニメと効果があいまって絶妙なバランスで演じることができました。
音声だけのツッコミに効果音や映像で厚みが増しているんじゃないかと想像しながら演じたので注目していただきたいと思いました。

阿澄
ニャル子という作品に関しては音からのお芝居から先行していたので、後から声をつけるのはとても新鮮でした。ニャル子は外道なんだけど可愛らしく描いてくださっていたので、「はっ、そうだよな!」と気づかされました(笑)。
映像がついて可愛らしいニャル子の表情だったり仕草をみていただけるので、ニャル子の外道の精神は忘れずに演じていこうと決めました。

松来
TVアニメーションになって、元々がクトゥルー神話がもとになっている為、敵との戦いの様子も迫力があったり、真尋さんとニャル子との可愛らしいやりとりがありしつつなので、いろんな風に楽しめて面白なと思いました。
クー子はニャル子のことが好きすぎるがあまり、今日も収録前に「クー子は変態です。」と紹介されたので、どれぐらい映像がついて、どこまで放送できる変態なのかわくわくしております。

■ 最後にひとことお願いします。

大坪
声優としてデビューする前から憧れていた、一緒に仕事したいと思っていた人と役柄を演じられて本当に嬉しいです。珠緒ちゃん自体もすごく元気で楽しいキャラクターなので、4月からということで新学期を迎える方や新しい環境に入る方への心の癒しになれたらいいなと思います。

喜多村
やりがいのある役をいただくことができ、男の子ということであらたな引き出しのチャンレジの場をいただきました。その成果がアニメーションに汲まれて、見ていただいている方の心を動かせればいいなと思います。真尋さんも忙しい役柄だったりするので、共感をえていただければいいなと思うのでお楽しみに!

阿澄
ついにフルアニメーションであばれまわりますのでお楽しみに!元気になってもらえる作品だと思います。
ニャル子はパロディ、オマージュ、リスペクトというおもしろネタが随所に散りばめられておりますので、わかった方はニヤっとしていただければと思います。

松来
長い期間関わらしていただいている作品なので、動くニャル子を見れて嬉しいです。ライトノベルでいろんなネタが盛り込まれている作品なので、今まで出してきた魅力もアニメーションに入ってる上に、さらに動くということでますますパワーアップしているんじゃないかと思います。
みんなで力をあわせて頑張ります。

羽多野
原作を読んでいらっしゃっている方もご存知の通り、バランスが非常にいい作品だと思っています。
迫力のあるアクション、主人公とヒロインとの会話、軽妙さ、テンポの良さもアニメに反映されていると思うのでぜひ楽しみにみていただきたいなと思います。
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集