BSフジ「アドリブアニメ研究所」 初の公開収録を実施 | アニメ!アニメ!

BSフジ「アドリブアニメ研究所」 初の公開収録を実施

イベント・レポート

 2月4日、エンターブレインの「Winpa!」にてBSフジで放送中の「アドリブアニメ研究所」公開収録が行われた。この収録は2月8日に発売されるオープニングテーマ「あっぱれ!瞬間積極剤」とエンディングテーマ「WONDERFULERのプロモーションも兼ねている。

 今回初となった公開収録。通常もアドリブで音声を収録した後にアニメ化していくというスタイルであるが、公開収録とあって注目が集まった。
 会場ではレギュラー出演者の加藤英美里さん(主席研究員No.001役)、福原香織さん(主席研究員No.002役)、それからゲスト研究員として数多くアニメキャラで主役を演じてきた高橋美佳子さんが登場した。

       katofuku1.jpg

 熱気と緊張感の中で世界観とキャラクターが説明された。高橋さんが3枚のストーリーカードから引いた1枚は「今日は特訓の発表会。神業を披露し、会場は大混乱。途中●●を発表すると“手から雛あられが吹き出る神通力をゲット”」。
 また公開収録の特別ルールとして、観客には「ヤジ」と「歓声」のボードが用意されていた。観客が練習を重ねた後、収録が始まった。前半が終了すると「むちゃぶりカード」が登場。番組では恒例の“むちゃぶり”に従うことになる。
 アドリブの間、福原さんが突然「ブンブンブーン!お前どこ中だよ?」とヤンキーキャラに変貌。場内を笑いと驚きが包んだ。収録の後、各自の「むちゃぶりカード」が発表されると会場は大爆笑。福原さんのカードはなんと「ヤンキーに教わった神通力を披露」であった。

 最後にゲストの高橋さんが「アドリブとは人生の切り売りである!」と収録を振り返った。収録後はファンとの交流としてミニコンサートが実施された。
 このほか「アドリブアニメ研究所」は、4月以降も放送されることも発表になっている。収録の模様と完成したアニメは3月3日24時30分から放送される。

       katofuku2.jpg

 なお、2月8日に発売されるオープニングテーマ「あっぱれ!瞬間積極剤」とエンディングテーマ「WONDERFULER」には、アドリブ裏トークや番組内オープニング、エンディング映像が入った特典DVDも付いている。2月19日にはアニメイト新宿店でCD発売記念イベントも開催する。そしてソフトバンククリエイティブGA文庫でライトノベル企画も進行中である。
【真狩祐志】

アドリブアニメ研究所 /http://www.bsfuji.tv/adoribu_anime/

「かと*ふく(加藤英美里&福原香織)presents,『アドリブアニメ研究所』公開
収録~収録だけかと思いきや、歌も歌っちゃうんだからねスペシャル~」


katofuku3.jpg

■ 初めてお客さんの前での収録の感想は?

加藤
今まで3人だけでやっていたので、お客さんの前では緊張しました!でも楽しくできた
かなと思います。アニメの完成がすごく楽しみです。

福原
東京でかと*ふくを披露するのは初めてだったので不安もあったけど、お客さんのみんなも番組を観てるだけあって、ここぞという時に救ってくれて嬉しかったです。
本当にお客さんあっての収録という感じになりました。

■ 今回の楽曲についての印象は?

加藤
東京では初めて聞く方が多かったと思います。カップリングも初披露だったので緊張しました!でもあっという間に終わってしまって、もっともっと歌いたいと思いました。

福原
歌を歌って、色んな面をみんなに見せることができて楽しかったです。またライブイベントもやりたいなと思います。

■ 今回の衣装についての印象は?

加藤
白衣にはもう慣れてきました。最初は着せられてる感があったけど、見慣れてきました。
ライブの衣装は、2人で相談してイメージカラーを取り入れたいと言って決めました。
初めて着てみたときは恥ずかしいと思ったけど、受け入れてもらえて嬉しいです!

福原
英美里の言うとおりです。白衣にはもう慣れてきました。「知的な声優、福原香織」を目指しているんですけれども、いつも最後に「(笑)」がついちゃうので、白衣を着ることで今後「(笑)」がとれればいいな。(笑)

■ メッセージ

加藤
毎回「アドリブアニメ研究所」では色んな汗をかきながらやっていますが、今回のイベントで1つ目標を達成できたかなと思います。
今後も、このように皆さんと触れ合う機会が多くなればいいなと思います。

福原
英美里は前から仲良しで、「アドリブアニメ研究所」も英美里と一緒だから乗り越えられる感じがすごくあって、4月以降もこの番組が続くことが決まって本当に嬉しいです。
これからももっともっと愛される番組になっていけばいいなと思います。
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集