声優甲子園 音声コミュニティこえ部から応募受付開始 | アニメ!アニメ!

声優甲子園 音声コミュニティこえ部から応募受付開始

全国の中学生・高校生が参加する声優甲子園が、声のコミュニティ「こえ部」を通じた応募を受付ける。12月15日より、

ニュース
 全国の中学生・高校生が参加する声優甲子園が、声のコミュニティ「こえ部」を通じた応募を受付ける。12月15日より、サイトを通じたエントリーを開始した。
 声優甲子園は、声の表現と声で伝えるをテーマにしたイベントである。アニメシナリオ部門、歌唱部門で全国の中学生・高校生の参加を募り、若く個性豊かな才能の発掘、育成、そして声で表現することの楽しみの発見の場を提供する。

 もともと声優甲子園は、高校生アニメフェア(通アニメ甲子園)のボイスアクト部門としてスタートした。同イベントでも参加者が多く、2011年に声優甲子園として新たなかたちに生まれ変わった。
 また、アニメの声優に挑戦するアニメシナリオ部門に加え、近年、ニーズの高まっている歌唱部門を新設した。ふたつの部門を設けることで、より多くの可能性を秘めた学生の発掘を目指す。

 さらに今回、応募にあたり、声優甲子園が声のコミュニティサイトとして知られる「こえ部」と協力することになった。こえ部では、プロやアマチュアがブラウザを利用して音声を投稿したり聴いたりすることが出来る仕組みを持っている。45万人のユーザーが登録し、利用する。サイトでは、アニメやナレーションなどのオーディションが行われ、プロの声優やナレーターになる道も用意されている。
 今回はこの仕組みを利用して、声優甲子園へのエントリーを可能とした。アニメシナリオ部門の応募者は朗読課題とアニメシナリオ課題のふたつを、歌唱部門ではアップテンポとバラードの2曲を投稿する。これで録音データと同じように審査対象となる。

 受付締め切りは、1月12日となる。その後、一次審査の結果が2月下旬に発表され、通過者は2012年3月に開催される決勝大会、表彰式に参加することになる。詳細は声優甲子園の公式サイトで確認出来る。

声優甲子園2011
公式サイト /http://seiyu-koushien.koegaku.jp/

日程: 
エントリー期間 2011年10月~2012年1月12日
一次(録音)審査 2011年12月~ 2012年2月(部門ごとに、随時)
最終審査・表彰式 2012年 3月
主催: Xarts、特定非営利活動法人学校マルチメディアネットワーク支援センター
後援: 経済産業省/文化庁/一般社団法人日本動画協会/一般社団法人日本音声製作者連盟
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集