「009 RE:CYBORG」 アジア5ヶ国で日本と同時公開発表 | アニメ!アニメ!

「009 RE:CYBORG」 アジア5ヶ国で日本と同時公開発表

ニュース

 2012年秋公開を目指すフルCGアニメ『009 RE:CYBORG』が、2012年に日本だけでなく、アジア各国でセンセーショナルを巻き起こしそうだ。本作が2012年秋に、日本だけでなく香港、台湾、シンガポール、マレーシア、韓国の5ヶ国・地域で同時公開されることになった。
 12月8日、香港で開催されている世界で最も重要な映画カンファレンスのひとつとされるCineAsiaの中で発表された。アジアの中核都市で、アジアの映画ファンに向かい、作品の存在感をアピールしたかたちだ。

 『009 RE:CYBORG』は、マンガ家石ノ森章太郎さんの名作『サイボーグ009』を原作とする。『東のエデン』、『攻殻機動隊S.A.C.』シリーズで日本のアニメ界で一躍脚光を浴びた神山健治監督が、多くの人にお馴染みの作品の新たな映像化に挑む。
 また、本作は全編フルCGアニメ、3D立体視で制作される。日本の強みとされるセルアニメのタッチを最新の映像技術に置き換えることがなかでも注目されている。

 日本アニメの人気が海外で高まるなかで、近年、海外から日本公開から時差を置かない作品披露を望む声が高まっている。これに応えるかたちでテレビ放送の海外向けインターネット同時展開、海外同時期テレビ放送などを行うケースが増えている。
 一方、ビジネスのアレンジに手間がかかる映画については同時期展開はあまりなく、複数国で同時という例はない。今回の企画実現には、相当の思い入れがあったとみられる。アジアのアニメファンから大きな歓迎を受けそうだ。とりわけ今回の5ヵ国・地域は日本のアニメの人気が高い地域、大きな成果が期待される。

 今回の決定について、本作のプロデューサー 石井朋彦氏(Production I.G)は次の様にコメントしている。
「『009 RE:CYBORG』は、2012 年秋公開を目指して、神山健治監督の下、スタッフ一丸となって制作を進めております。
そんな中、香港からもたらされた、アジア同時公開の報は、現場に、驚きと喜びを持って迎えられました。ひとえに、関係者の皆様、そして応援して下さっている日本のファンの皆様の声が、アジアの興行関係者の皆様に届いた結果と、深く感謝しております。
日本で生まれ、日本人に愛され、そしてこの日本で新たに生まれ変わろうとしている「サイボーグ009」が、アジアで同時公開されるという報は、何よりも嬉しいことです。
監督以下スタッフ一同、精一杯制作して参りますので、ご期待頂ければ幸いです」

      0092.jpg
       (C)2012『009 RE:CYBORG』製作委員会

『009 RE:CYBORG』
西暦2012年 秋 全国公開予定
/http://www.ph9.jp

スタッフ: 原作:石ノ森章太郎
脚本・監督: 神山健治
音楽: 川井憲次
キャラクター原案: 麻生我等
アニメーションディレクター: 鈴木大介
美術監督: 竹田悠介
制作プロデューサー: 松浦裕暁
プロデューサー: 石井朋彦
共同制作: Production I.G サンジゲン
配給: Production I.G ティ・ジョイ
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集