「ダ・ヴィンチ」Book of the Year ベスト10にマンガ3作品 | アニメ!アニメ!

「ダ・ヴィンチ」Book of the Year ベスト10にマンガ3作品

「ダ・ヴィンチ」(メディアファクトリー)が、2011年のブックランキング 「ダ・ヴィンチ」Book of the Year 2011を発表した。1位には『県庁おもてなし課』(角川書店)が

ニュース
 本とマンガの情報雑誌として人気の高い「ダ・ヴィンチ」(メディアファクトリー)が、2011年のブックランキング 「ダ・ヴィンチ」Book of the Year 2011を発表した。1位には『県庁おもてなし課』(角川書店)が選ばれた。地方自治体の新部署おもてなし課の若手職員の奮戦を有川浩さんが活き活きと描いた傑作である。
 さらに、2位、3位には東野圭吾さんの作品が続く。『麒麟の翼』(講談社)、『真夏の方程式』(文藝春秋)である。ベスト10に2冊以上入ったのは東野圭吾さんだけで、その人気の高さを見せつけた。

 「ダ・ヴィンチ」Book of the Yearは、1999年に始まった年間ランキングで、今回で12回目を迎える。プロの書評家や書店員、「ダ・ヴィンチ」の読者など本の目利きが、実際に読んだ本から投票した結果をランキングに反映させる。今回は、4986人が厳選した。
 年末には売上高ランキングなども多く発表されるが、それとは異なったランキングとして注目されている。メディアファクトリーによれば、ランキングへの信頼度も高く、大賞受賞作は書籍帯や店頭で受賞作品と銘打たれるなど、その影響力は年々増加しているという。

 そんなランキングの中で、マンガ作品の活躍も目立っている。2011年は5位に尾田栄一郎さんの『ONE PIECE』(集英社)、6位に羽海野チカさんの『3月のライオン』(白泉社)、10位に荒川弘さんの『鋼の錬金術師』(スクウェア・エニックス)の3作品が入っている。販売部数だけでなく、本を楽しむ中でのマンガの存在の大きさを感じさせる。
 また、いずれも大ベストセラーで、多くの人に読まれる本が、やはり多くの人に支持されることを感じさせる。『3月のライオン』は本年のマンガ大賞2011の受賞作品で、作品への高い評価を感じさせる。

「ダ・ヴィンチ」Book of the Year 2011
総合ランキングベスト10


1 . 県庁おもてなし課  有川浩(角川書店)
2 . 麒麟の翼  東野圭吾 (講談社)
3 . 真夏の方程式  東野圭吾 (文藝春秋)
4 . 下町ロケット  池井戸潤 (小学館)
5 . ONE PIECE  尾田栄一郎 (集英社)
6 . 3月のライオン  羽海野チカ (白泉社)
7 . ジェノサイド  高野和明 (角川書店)
8 . ゴーストハント  小野不由美 (メディアファクトリー)
9 . 偉大なる、しゅららぼん  万城目学 (集英社)
10 . 鋼の錬金術師  荒川弘 (スクウェア・エニックス)

《animeanime》
【注目の記事】[PR]
【注目の記事】[PR]

特集