大ヒット作第2弾「ハッピーフィート2」が豪華舞台挨拶 | アニメ!アニメ!

大ヒット作第2弾「ハッピーフィート2」が豪華舞台挨拶

イベント・レポート

 11月26日、『ハッピーフィート2 踊るペンギンレスキュー隊』が全国公開をスタートした。本作はジョージ・ミラー監督が手掛け、米国アカデミー賞長編アニメーション部門最優秀賞を受賞、2007年には日本でも劇場公開された『ハッピーフィート』の続編にあたる。
 本編は新たに3D(立体視)となり、ペンギンたちなどの映像が最新の技術で表現されるのもみどころだ。ダンスで観客を魅了した前作の主人公マンブルの息子エリックが新たに主人公となって活躍する。

 もうひとつの話題は、このエリック役を子役スターで人気の鈴木福くんが演じること。初めての劇場アニメーションの吹替えにチャレンジし、アニメーションでもその才能の豊かぶりを発揮した。
 また、マンブル役には劇団ひとりさん、エリックのお母さんであるグローリアはクリスタル ケイさんが、オキアミの迷コンビとなるウィルとビルをバナナマンさんが吹き替えるなど、豪華声優陣となった。クリスタル ケイさんは、本作で歌声も披露する。

       HP2.jpg

 映画初日にあたる11月26日には、新宿ピカデリーでは恒例の初日舞台あいさつが行われた。ステージには、キャスト陣が勢ぞろいし、訪れたファンを沸かせた。
 キャスト陣からは、映画の父と息子の触れ合いについての感想が語られた。映画では、歌とダンスのシーンが多いが、クリスタル ケイさんは80年代のヒット曲を全部日本語で歌うということに結構プレッシャーを感じていたと苦労したエピソードを披露。しかし、福くんの声を聞いたらママっぽさが自然に出てきたとも。バナナマンのふたりも歌のシーンがあり、「ビビリました」と話す。

 福くんは「歌は大好きだから!」と積極的に役に挑んだ様子。今回は、劇中歌「ブリッジ・オブ・ライト」のイントロ部分をその場で披露し、観客から大きな拍手を浴びた。
 映画は、ワーナー・ブラザース映画で全国公開中。劇団ひとりさんによれば、「一見すると子供向けという感じがするんですが、実際に観てみるとストーリーの展開はもちろん、選曲とかが実は僕等世代がドンピシャの曲がイッパイある」との話し。幅広い世代から愛される映画となっている。

『ハッピー フィート2 踊るペンギン レスキュー隊』
全国大ヒット上映中 2D・3D同時公開
/http://www.happyfeet2.jp
ワーナー・ブラザース映画配給
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集