「UN-GO 因果論」上映スタート 豪華声優は犯人の目くらまし?! | アニメ!アニメ!

「UN-GO 因果論」上映スタート 豪華声優は犯人の目くらまし?!

イベント・レポート

ungo-eiga.JPG 11月19日より、TOHOシネマズ12館の劇場で『UN-GO episode:0 因果論』の2週間限定レイトショー上映がスタートした。本作は「ノイタミナ」にて現在、テレビ放映中で、好評を博している『UN-GO』に連動した約50分の作品だ。
 テレビ本編で活躍する探偵役の二人、新十郎、因果の出会いを描く前日譚にあたる。放映ではすでに折り返し地点を過ぎるが、敢えて劇場で物語のなりそめを観るユニークな企画となっている。劇場だけでも十分楽しめるが、テレビと併せることでより作品が楽しめる仕掛けになっている。

 上映がスタートした19日には、東京・シネマズ六本木ヒルズにて恒例の初日舞台挨拶が行われた。水島精二監督、ストーリー・脚本の會川昇さん、そして主人公の新十郎を演ずる勝地涼さん、因果役の豊崎愛生さん、海勝梨江役の山本希望さん、海勝麟六役の三木眞一郎さんという豪華な顔ぶれである。
 当日は、朝から激しい風雨が襲ったにも関わらず、会場となったシネマズ六本木ヒルズスクリーン7は超満員。さらにゲストの登場、退場には大きな声援がかかるなど、『UN-GO』の人気の高さをみせつけた。

 水島監督は、悪天候のなか劇場に訪れたファンに感謝しつつ、本作の制作エピソードを披露。本編オンエア中の劇場上映という試みについて、「(製作に参加する)東宝さんの劇場でかかるものを作れればいいね」と話していたら、いつの間にか放映中での上映が決まっていたと話す。 「テレビと同じスタッフで作っているので大変だった」と全力投球の様子。かなりの力技だったようだ。
 テレビ放送開始後、あらためて前日譚に戻ってアフレコに挑んだキャスト陣の感想も様々である。勝地さんは、「4話までのアフレコの後だったが、そこから過去を知ってやり易くなった」と。豊崎さんも「ここはこうだったのかと私自身発見があった」と話す。

 『UN-GO因果論』の注目のひとつは、戸松遥さん、諏訪部順一さん、内山昴輝さんら豪華ゲスト声優陣。テレビ本編でも話題を呼ぶ豪華ゲスト声優だが、これにもエピソードが隠れている。
 犯人役の声優に大物を持ってくるとキャスティングで犯人がばれる、そこで大物声優ばかりを並べたと會川さんが意外なタネ明かし。そんな現場に豊崎さんは「芝居を演じることを学べる現場でした」とも。
 テレビ放映は10月スタートの地域では12月に佳境を迎える。終盤を迎えるにあたって、劇場上映を押さえておきたいところだ。 

UNGOmain2.jpg『UN-GO』 /http://www.un-go.com 

「UN-GO episode:0 因果論」
11月19日(土)よりTOHOシネマズにて2週間限定レイトショー上映
監督: 水島精二
ストーリー・脚本: 會川昇>
アニメーション制作: ボンズ

[上映劇場]
TOHOシネマズ六本木ヒルズ、TOHOシネマズ渋谷、お台場メディアージュ、TOHOシネマズ府中、TOHOシネマズ川崎、TOHOシネマズららぽーと横浜、TOHOシネマズ名古屋ベイシティ、TOHOシネマズ東浦、TOHOシネマズなんば、TOHOシネマズ二条、TOHOシネマズ伊丹、天神東宝

(c)「UN-GO」製作委員会
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集