女優陣が華やかに競演 山田風太郎原作「くノ一忍法帖 影ノ月」舞台挨拶 | アニメ!アニメ!

女優陣が華やかに競演 山田風太郎原作「くノ一忍法帖 影ノ月」舞台挨拶

イベント・レポート

 伝奇作家山田風太郎さんの没後10年を記念して新たに劇場映画化された『くノ一忍法帖 影ノ月』が話題だ。6月4日に銀座シネパトスでレイトショー公開、6月11日には名古屋・シネマスコープでも上映をスタートした。さらに今後は静岡・藤枝シネプレーゴ、大坂・シネ・ヌ―ヴォXでもロードショーとなる。
 本作の見どころのひとつは、主演の阿部真里さんをはじめとするくノ一らを演じる女優陣である。アクションシーンやVFXも交えて、阿部真里さん、西野翔さん、森下悠里さん、宮間梨佳さんらが様々な忍術と伴に、お色気も満点の演技を披露する。

        kunoichiaisatsu.JPG

 公開1週間を迎えた6月11日、この豪華女優陣、阿部真里さん、西野翔さん、森下悠里さん、宮間梨佳さんが揃い、そして林哲次プロデューサーも登壇する舞台挨拶が行われた。林プロデユーサーが突っ込みどころ満載という映画だが、それぞれの見せ場も多い。
 阿部真里さんにとっては、ラスト近くのキスシーンがそれだろう。映画での初のキスシーンだが、やはり『くノ一忍法帖』ならでは趣向もあり、それについての裏話が披露され観客を沸かした。
 西野翔さんと森下悠里さんは真冬の夜に雪の中の撮影になった時の体験を紹介、宮間梨佳さんもセクシーシーンの撮影秘話など披露するなど、映画の裏話満載の舞台挨拶となった。

kunoichimaeuri.JPG 『くノ一忍法帖 影ノ月』は、江戸期享保時代が舞台となっている。質素倹約の改革を推し進める徳川八代将軍吉宗と派手好みの尾張藩主徳川宗春の対立を背景に、甲賀の忍と紀州のくノ一の対立と闘いを描く。
 原作の山田風太郎さんは、『魔界転生』や『柳生忍法帖』など数々の伝奇小説を生みだした奇才。その作品からは映画やマンガも数多く生み出されている。今回は山田風太郎さんの代表作「忍法帖」シリーズに連なる『くノ一忍法帖』シリーズを新たに映像化している。

『くノ一忍法帖 影ノ月』
公式サイト /http://9no1.com/
2011年6月4日(土)銀座シネパトスほかにて
映倫: R15+
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集