バンダイチャンネル iPad、iPhone向けに映像配信開始 | アニメ!アニメ!

バンダイチャンネル iPad、iPhone向けに映像配信開始

ニュース

BC.jpg バンダイナムコグループが、iPad、iPhone、iPod touch向けの映像配信を開始する。グループ企業の
バンダイチャンネルは7月23日に、インターネット向けに行っている映像配信サービスをiPad、iPhone、iPod touchで視聴出来るベータテストサイトを開設した。
 この技術はソフトバンクテレコムが提供する技術「ホワイトクラウド 映像サービス」を利用したものである。サービス提供側がコンテンツを管理するクラウド型の映像配信サービスを実現する。最新の技術トレンドを取り入れ、サイトの利便性を高める。

 当初ベータテストサイトでは、バンダイチャンネルで配信する無料の本編作品の多くを閲覧出来るようにしている。サービス開始当初は164 作品が無料視聴可能となっている。ベータテスト中にも作品数は順次追加して行くとしている。
 また、映像コンテンツはWi-Fiを利用したものとなる。テスト期間は7月23日から10月31日まで、テスト期間中に3G環境の視聴テスト、768kbps 以上の高ビットレート配信などの実験も追加する。さらにサイトユーザーの意見や要望を収集、解析し、今後の本格的な事業の可能性を探る。急速に普及が進むiPad、iPhone、iPod touchを対象にした市場にそう、いち早く乗り出す。

 バンダイチャンネルはインターネット向けのアニメ配信の国内大手で、バンダイナムコグループ以外の作品も多数取り扱う。2009年12月にバンダイチャンネルは、それまでの映像作品を他の動画ポータルに提供するだけでなく自社による課金サービスを開始している。コンテンツを提供するだけでなく、自らコンテンツを活用する事業拡張をする方針を明らかにした。
 その後もPS3向けに新しい映像配信サービス「ガンダム・ビューカイブ」を展開するなど新たな試みに積極的だ。映像配信業界大手のバンダイチャンネルの動向は、他の動画配信サイトにも影響を与えそうだ。

バンダイチャンネル /http://www.b-ch.com

上記画像: (c)吉富昭仁・秋田書店/RAY PROJECT 協力:手塚プロダクション (c)AQUAPLUS/T3WORKS (c)鎌池和馬/冬川基/アスキー・メディアワークス/PROJECT-RAILGUN (c)創通・サンライズ (c)創通・サンライズ・毎日放送 (c)竹宮ゆゆこ/アスキー・メディアワークス/「とらドラ!」製作委員会 (c)CHUNSOFT/Project CANAAN 
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集