アンパンマン劇場第22作「ブラックノーズと魔法の歌」 7/10公開 | アニメ!アニメ!

アンパンマン劇場第22作「ブラックノーズと魔法の歌」 7/10公開

ニュース

anpanman2010.jpg 未就学児とその母親を中心に圧倒的な人気を持つアニメ『それいけ!アンパンマン』の劇場最新作『それいけ!アンパンマン ブラックノーズと魔法の歌』が、7月10日からいよいよ劇場公開となる。作品はやなせたかしさんのマンガを原作にした人気シリーズの劇場版第22作、夏の定番アニメのひとつだ。
 アンパンマンの映画興行は、毎年公開される定番劇場アニメの興行としては必ずしも大きなものではない。しかし、未就学児に向けた作品は、『アンパンマン』よりターゲットがやや上の『ポケットモンスター』シリーズ以外に競合が少ない。それだけに「アンパンマン」シリーズは、手堅い人気を集めている。ロングランで作品が登場する秘密である。

 本作では新しいキャラクター、もの静かな女の子のカーナが登場する。カーナは母親である魔女ブラックノーズの言いつけに従って、アンパンマンワールドの街のみんなから「楽しい気持ち」を奪う。
 しかし、アンパンマンやその仲間たちと触れ合うなかで、優しい心を取り戻していく。劇中では歌をモチーフにアンパンマンのテーマである「愛と勇気の大切さ」を描く。
 女優として活躍する中谷美紀さんが、カーナの声を演じる。また、スタッフはテレビシリーズなどでもお馴染みの矢野博之監督、脚本を金春智子さんとベテランが手掛ける。さらに同時上映の『はしれ!わくわくアンパンマングランプリ』では最年少演歌歌手さくらまやが花の妖精マギーを演じるなど、話題性も十分だ。

 『それいけ!アンパンマン』は2009年6月に、世界で最も登場キャラクターの多いアニメ・シリーズとして、ギネス・ワールド・レコーズに認定されている。カーナと魔女ブラックノーズの登場で、その記録をさらに更新することになる。
 定番キャラクターとして誰もが知る『アンパンマン』だけに、『ブラックノーズと魔法の歌』は勿論、作品は今後も人気を集めそうだ。

『それいけ!アンパンマン ブラックノーズと魔法の歌』公式サイト
 /http://anpanman.jp/movie2010/
同時上映 『はしれ!わくわくアンパンマングランプリ』

        anpanman201001.jpg
画像: (C)やなせたかし/フレーベル館・TMS・NTV (C)やなせたかし/アンパンマン製作委員会2010
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集