「リメンバー・ミー」渡辺直美が日本版声優に! 実在のメキシコ人芸術家に挑む | アニメ!アニメ!

「リメンバー・ミー」渡辺直美が日本版声優に! 実在のメキシコ人芸術家に挑む

ディズニー/ピクサーの最新作『リメンバー・ミー』(3月16日公開)に、人気お笑い芸人・渡辺直美が日本版声優として出演することが決定した。渡辺はカラフルな“死者の国”に登場する、実在したメキシコの芸術家フリーダ・カーロ役に挑む。

ニュース
『リメンバー・ミー』フリーダ・ カーロ:渡辺直美(C)2018 Disney/Pixar. All Rights Reserved.
  • 『リメンバー・ミー』フリーダ・ カーロ:渡辺直美(C)2018 Disney/Pixar. All Rights Reserved.
ディズニー/ピクサーの最新作『リメンバー・ミー』(3月16日公開)に、人気お笑い芸人・渡辺直美が日本版声優として出演することが決定した。渡辺はカラフルな“死者の国”に登場する、実在したメキシコの芸術家フリーダ・カーロ役に挑む。

『リメンバー・ミー』は、ミュージシャンを夢見る少年ミゲルがカラフルな死者の国へと迷い込み、そこで出会った“家族が恋しいガイコツ”のヘクターと冒険を繰り広げる作品だ。
このたび渡辺が演じることになったのは、ミゲルが死者の国で出会う情熱的な芸術家フリーダ・ カーロ(1907~1954)である。彼女は実在のアーティストで、メキシコの紙幣にも描かれるなど同国を代表する芸術家。当時から愛と自由に生きた革新的な女性で、彼女が描いた絵や作品は現在も世界中で愛されている。

ディズニー/ピクサー声優に初挑戦となる渡辺は、今回の出演に「ディズニー/ピクサー作品を全部観ているので、すごく嬉しかったです!」との喜びをコメント。
作品の世界観を「色彩が綺麗過ぎてびっくりしました。色の組み合わせや死者の国の輝き方とか、色合いがすごく可愛くて素敵でした」と絶賛し、フリーダ役について「女性でフリーダに憧れている方は多いですよね。携帯の待ち受けにしていたり、グッズもたくさん出ていたり。今、メキシコの可愛い色合いがとても流行っているので、今のこの時代に作品がすごくぴったりだと思いました」と語った。

さらに渡辺が演じる本編シーンも到着。ミゲルと愛犬ダンテを見つけるやものすごい勢いでまくしたて、ダンテを見て興奮したり、「アレブリヘ」というカラフルな動物の説明を始めたりと、芸術に情熱を燃やすかなり独特なキャラクターということが分かる映像だ。
しかしこの後、ミゲルにコンサートのパフォーマンスを見せると、ミゲルの意見にインスピレーションを受けた彼女は、やがて彼の協力者として重要なキャラクターになっていく。“インスタの女王”演じるフリーダの活躍にも注目となりそうだ。



『リメンバー・ミー』
3月16日(金) 公開
配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン
(C)2018 Disney/Pixar. All Rights Reserved.
《仲瀬 コウタロウ》
【注目の記事】[PR]
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集