マックのハッピーセットに「仮面ライダーバトル ガンバライド」 | アニメ!アニメ!

マックのハッピーセットに「仮面ライダーバトル ガンバライド」

ニュース

 日本マクドナルドは、5月7日から展開するハッピーセットの新シリーズに、『仮面ライダー』と『夢色パティシエール』をスタートさせる。今回は子供向けのハッピーセットに、両作品のカードとシールがセットとなる。
 男の子向けで特に注目したいのは『仮面ライダー』で、セットとなるカードが対戦型アーケードゲームとして人気の「仮面ライダーバトル ガンバライド」のデータカードダスのオリジナルとなっていることだ。マクドナルド限定ということで、レアアイテムになるという。

 データカードダスは、バンダイの開発したトレーディングカードゲームで、カードにあるバーコードを読み取って対戦を行う。これまで様々な人気作品、キャラクターが活躍しており、「仮面ライダーバトル ガンバライド」もそのひとつ。歴代ライダーが総登場する豪華さもあり、子供だけでなく20代から40代の仮面ライダー好きの間でも人気が高いという。
 ハッピーセットに登場するのは全部で6種類、、現在テレビ放映中の『仮面ライダーW』から「ファングジョーカー」や「サイクロンジョーカー」、「ヒートメタル」、「ルナトリガー」、そして『仮面ライダー アクセル』、5月22日に劇場公開する映画『超・電王トリロジー』にも登場する「モモタロス」などの図柄となる。さらにカード1枚につきシールが1 枚セットになる。

 このほかマクドナルドでは、公式サイトにて映画「仮面ライダー×仮面ライダー×仮面ライダー
THE MOVIE 超・電王トリロジー」とのコラボレーション企画も行う。ウェブサイトでは映画「超・電王トリロジー」第3 作「EPISODE YELLOW」特別試写会の募集をする。
 また、マクドナルド会員制モバイルサイト「トクするケータイサイト」では、「モモタロス」、「ウラタロス」、「キンタロス」、「リュウタロス」のオリジナル着ボイス、「仮面ライダーW」の翔太郎とフィリップのオリジナル着ボイスを配信する。

 一方、『夢色パティシエール』は、マイスイーツカードとなる。女の子向けにスイーツが描かれたカードの上に、透明のトッピングカードとシールを組み合わせて、自分だけのオリジナルスイーツカードを作れるというものだ。こちらもマクドナルドオリジナルのデザインである。
 ハッピーセットのカードはNintendoDSから発売されている『夢色パティシエール』にも連動し、カードを取り込んで遊ぶことも出来る。

 いずれのハッピーセットも5月7日から5月下旬まで販売予定、商品がなくなり次第終了する。店頭では『仮面ライダー』と『夢色パティシエール』のどちらかを選んだうえ、カードとシールの種類はランダムにプレゼントされる。

日本マクドナルド ハッピーセット
/http://www.mcdonalds.co.jp/menu/happyset/index.html

データカードダス 仮面ライダーバトル ガンバライド /http://www.ganbaride.com/
夢色パティシエール /http://www.ytv.co.jp/yumepati_pc/
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集